FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2009.11.07 Sat
小生は一般のサラリーマンですから平日の朝に海に行って日の出を見る余裕はありません。
ですから土曜日と日曜日しか海岸に行くことはまずありません、
ところがこの数週間、土曜日と日曜日の朝は決まって東の地平線近くに黒い雲が横たわって日の出を邪魔しているのです。
今日もそうでした。砂浜を歩きながら東方を見るとやはり黒い雲がどっしりと腰を下ろしていました。
上空は見事に青空なのですが。
日の出の時刻になったのですが、まったく太陽は姿を見せる気配がありません。
江ノ島の展望台の上のサーチライトがまだぐるぐる回り、そのひかりがよく見えるのですから暗いのです。
20091107-1

太陽は黒い雲の上まで昇らないと出てきません。待つことにしました。
待つこと20分ほど、雲の一部が赤く縁取られ、周りには太陽の光が上を向いて放たれたようになりました。波がほとんどなく静かな海です。
20091107-2
これだけでずいぶん周りは明るくなります。
そろそろ太陽が昇ってくるだろうとワクワクする時間です。
そして3分後、太陽が姿を見せました。
さらに2分、太陽は全身を雲の上に乗せて明るい光線を放ちました。
海に光の道筋ができる小生の最も好きな一瞬です。
これが見たくて週末の海岸散歩は続くのですから。
20091107-3
スポンサーサイト



Template by まるぼろらいと