FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2009.11.09 Mon
昨日の朝は海岸沿いの国道(134号線)が交通規制されました。
それと言うのも湘南国際マラソンという今年で4回目のマラソン大会があったからなのです。
何人ぐらい走るのか知りませんが、大きなお祭りにしようとしているもののイマイチ盛り上がらないマラソン大会です。
でも、今はランニングブームですよね。とにかく週末の海岸を歩いているとサーファーよりもランニングしている人のほうが多いほどですから。
兎に角走ることが好きな人が多いようです。
まあ、そんなことを言っている小生も、非常にスローペースですが海岸でジョギングをします。終わったあとの爽快感がなんとも言えずいいものなのです。
もちろんこのような大会に出て記録を狙うことを目的としませんから、大会には興味ないのですが。
この先、まだまだ流行りそうですね。
20091108湘南国際マラソン
2009.11.08 Sun
昨日が立冬でしたから、暦では既に冬になったということですが、昨日も今日も冬はまだまだ先のことのような暖かな朝でした。
そして今朝の海も昨日とさほど変わらない穏やかな海で、しかも東の空は黒い雲が横たわっていました。あの雲はいったい何なのか。
相変わらず日の出の時刻を過ぎても太陽は出てきません。
昨日と比べてわずかながら波が大きそうで、波打ち際では結構大きな波の砕ける音がしていました。
20091108夜明け前えぼし岩

昨日のように太陽が出てくるまで待ちました。
もうすぐ6時半になろうというような時間になって、太陽はようやく出てきて、海が光り始めました。
相変わらず気持ちのよい瞬間です。
寒さがないので、ぼーっと見ていてもよく、できればコーヒーなどを飲みながらならもっとよいのになんて思ってしまいました。
20091108日の出1

今朝の海は昨日よりも全体に青味がかったような色合いで、オレンジ色に染まるときとは別な世界が現れたようです。
レンズを思いっきり広角側にして空も大きく撮影すると、青味は昨日よりも上空の空が青かったからかなと思われます。
こんな色もまたいいものです。
20091108日の出2

2009.11.07 Sat
小生は一般のサラリーマンですから平日の朝に海に行って日の出を見る余裕はありません。
ですから土曜日と日曜日しか海岸に行くことはまずありません、
ところがこの数週間、土曜日と日曜日の朝は決まって東の地平線近くに黒い雲が横たわって日の出を邪魔しているのです。
今日もそうでした。砂浜を歩きながら東方を見るとやはり黒い雲がどっしりと腰を下ろしていました。
上空は見事に青空なのですが。
日の出の時刻になったのですが、まったく太陽は姿を見せる気配がありません。
江ノ島の展望台の上のサーチライトがまだぐるぐる回り、そのひかりがよく見えるのですから暗いのです。
20091107-1

太陽は黒い雲の上まで昇らないと出てきません。待つことにしました。
待つこと20分ほど、雲の一部が赤く縁取られ、周りには太陽の光が上を向いて放たれたようになりました。波がほとんどなく静かな海です。
20091107-2
これだけでずいぶん周りは明るくなります。
そろそろ太陽が昇ってくるだろうとワクワクする時間です。
そして3分後、太陽が姿を見せました。
さらに2分、太陽は全身を雲の上に乗せて明るい光線を放ちました。
海に光の道筋ができる小生の最も好きな一瞬です。
これが見たくて週末の海岸散歩は続くのですから。
20091107-3
2009.11.05 Thu
日本人が最も好きな花は何でしょね。
小生はサクラだと思うのですが。
でもアジサイも好きだし、ウメも好きだし。
でも、サクラもアジサイもウメも育てることにいのちをかけている人はそう多くないと思うのです。
けれどもいのちをかけて育てている人が多い花はきっとキクでしょうね。

急に寒くなって冬になってしまったと思うこのごろ、大事に育てて大輪の花を咲かせているキクを発見しました。あまりにも立派だったので、その方のお宅の庭に咲いていた大きなキクをこっそりと撮影しました。
大輪菊

2009.11.01 Sun
今日から11月、今年も残り2ヶ月となりましたね。
今朝は晴れていたにもかかわらず、日の出の頃の海岸はもやがかかって、東方の景色はほとんど見えませんでした。
海は暗いわけではないのですが、ぼんやりとしており、江ノ島が全く見えないのです。
もやのかかった海はいっそう静かな感じになります。
風もなく波も立たない海は少し神秘的です。
20091101朝靄
これは日の出は無理だなと思い、カメラのレンズにキャップを付けて立ち去ろうと、海を背に向けたとき、一人のご婦人が東に向かって手を合わせているのを見たので、はっとして振り返りました。すると太陽が突然浮かんでいたのです。慌ててカメラのレンズキャップを取り外し、波打ち際まで行き太陽にカメラを向けたのです。
太陽が出て数分であたりはオレンジ色に明るく染まり、景色は一変しました。もやが出ている分、ひかりがあちこちに回り込み、全体的にほんのりと明るいオレンジ色の世界となり、これはこれで大変美しいものでした。
20091101日の出1
太陽が徐々に高く昇っていくと、海水面当たりに立ち込めていたもやが次第に薄くなってきました。そして、よくよく見ると江ノ島がぼんやりと海に浮かんできました。
レンズを少し望遠側に回し江ノ島が見えることを確認しました。
11月のスタートは何となくいつもと違った海岸の朝となりました。
20091101日の出2

Template by まるぼろらいと