FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2009.07.05 Sun
昨日も今日もうす曇のすっきりしない空と湿っぽい南風が吹き、まだまだ夏本番とはいえません。
しかし、小生の住む町では昨日海開きがあり、海岸では海の家がオープンし、夏がやってきたと思う光景です。
そんな海岸に散歩に行ってみると、曇り空ではありますが、けっこう賑わっています。
海岸沿いに続く遊歩道脇にハマユウが咲いているのが見えました。海岸では大きな白い花ですから目立つわけですが、あまり見向きもしてもらえないようです。道を挟んで砂浜沿いには観光の地引網で獲れたばかりのしらすを囲みながら多くの人がすでにビールでご機嫌です。朝のランニングをする人、犬の散歩をする人、サーファー、と次から次へとハマユウの前を通り過ぎて行きます。
誰もがこの夏の海岸の女王には興味がないようです。
ハマユウ1


そこで今度は、海の家のすぐそばまで行ってみたら、やはり一株の大きなハマユウが見えました。
しかし、ここも海の家のどちらかというと裏側で、悲しいかな仮説トイレが近くにあります。こんな場所ながら美しく咲いているハマユウが少々可哀そうになりました。
ハマユウはやはり青空と入道雲の下でまぶしいくらいに咲いているときがもっとも女王の風格があるときなのでしょう。
ハマユウ2
スポンサーサイト



Template by まるぼろらいと