未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.29 Wed
関東甲信は梅雨明けしたというのはうそでしたね。
小生は月曜から今日まで休暇が取れて、土曜日から含めると5連休でした。
そのうち3日間を白馬で宿泊し、昨日と今日は箱根にいました。
いずれもすべて雨。そうそうに切り上げてきました。
今朝の箱根もよく降っていました。しかし、車のワイパーも勢いよくまわすほどでした。
しかし、小田原まで降りてくると雨は上がり、その後は青空が見え、太陽の光もさすではありませんか。
家に戻ったら東の空はかなり青いので、この休みはわざわざ雨を求めに行ったのかと、さすがに落ち込む思いでした。
悔しくて少し海に行ってみました。すると南風が強く海が茶色っぽくにごっているではありませんか。
しかし、空の雲が全天を覆うようなことがなく、結構夏っぽい空ではありませんか。
こんな空は嫌いではありません。
風が強い中、少し散歩をして悔しさを紛らわせました。
海岸090729
スポンサーサイト
2009.07.28 Tue
こんなこともありますよ。
せっかく忙しい仕事の合間を縫って休暇を取って家族旅行に行ったのですが、雨、雨、雨・・・、雨。
白馬近辺は雨ばかりでした。
美しい北アルプスの山々は濃いガスに覆われて見えず、折角計画していた八方や栂池の散策はやめてしまいました。
以外にもインドアで遊べる場所はあまりないのですね。
結局、そばやめぐりなんかしてしまいました。
でも、がっかりだけしていたわけでもありません。
破れかぶれで予定外の計画を立てました。日本で一番高いダム、二番目に高いダムを見よう。
小生もダムだけを見に行ったことなどなかったので結構いろいろなことを知ることになりました。
それはまた後ほどご紹介するとして。
早々に帰ってきた昨日の夕方、神奈川県も雨、でも日没間際、一瞬東の空が明るくなり、大きな虹が出ました。
どういうわけか、ため息をつきながら見てしまいました。
虹

2009.07.24 Fri
少し前に、久々に大船の植物園に行きました。
今はハスの花が大人気でカメラマンがいっぱいです。
小生も撮影をしたのですが、この季節多くの方がハスの花をアップロードしているので小生は恥ずかしくて載せる気がしません。
そこで、少し変りものの花を。
日陰のひっそりと人があまり群がっていない場所で咲くベニスジヤマユリです。
なんでも、ヤマユリの変種で、赤い筋がはいっているのでこう呼ばれるらしいのです。
野生ではものすごく珍しく、幻のユリということです。
通常のヤマユリよりもかなり豪華ですね。
ベニスジヤマユリ

明日から小生は少しお休みが取れたので家族で恒例の白馬近辺へ旅行です。
2009.07.20 Mon
小生の住む町の最大のイベント、それが今日のお祭りです。
もう150年以上も昔からあるので、誰でも知っているこの町では有名なお祭り、「浜降祭」です。
この町にある数十の神社がそれぞれの神輿を担いで一斉に海岸にやってきて海で禊をするということなんです。その海岸集結が日の出前後、つまり4時半辺りからなのです。
小生の家のすぐ近くの道は海岸に行く神輿が一斉に通るので、2時半頃からみこしを担ぐ人の声と鳴り物で眠ることもできません。
結局毎年海に行くのです。
浜降090720-1
海岸では5時前というのにものすごい人です。そして神輿が波打ち際まで行くと大いに盛り上がります。
砂浜は大混雑です。漁港を挟んで東側にある海水浴場のほうがずっと静かです。
やがて神輿は海岸へどんどんと集まってますます人が増える。日の出という時間にもかかわらず、ビールやチュウハイで勢いをつける人があちこちにいて不思議な匂いもするのです。
浜降090720-2

普段はどこに行ってもサザンの音楽が流れているこの田舎町ですが、今日ばかりはサザンじゃないのです。
最後の写真はえぼし岩と漁港に停泊する船と波打ち際に行く神輿、そして祭りに集う大群衆を望遠で撮ってみました。
浜降090720-3
2009.07.20 Mon
今朝は雲がないから富士山も見えました。
昨日はでっかい笠雲で山頂が隠れていましたが、今日はよく見えています。
ただ、今朝は海の波が荒れていて波打ち際で大きく砕けるので、潮で遠くが少し霞んで見えます。
もう少しくっきりと見えると美しいのですが。
富士山090720-1

今年の富士山は7月の半ばというのにまだ、雪が完全には溶けきっていないようです。
山開きからしばらく規制もあったようですが、どうしたことでしょう。
そして、この海岸ではまさにお祭りの真っ最中、多くの神輿が海に向かってやって来ます。
そして波のような人の流れ、富士山と神輿と海、何となく日本という感じですね。
富士山090720-2
2009.07.20 Mon
今朝の東の空は雲があまりない夏そのものの空でした。
今日は小生の住む町で最も大きなお祭り、「浜降祭」の日です。
まだ空の明るさも全くない2時半頃から鳴り物で眠れません。
4時半ごろにはカメラを持って海岸へ。
海岸はものすごい人です。夜明け前なのにもう開けている海の家もあります。
そして、海水浴場で日の出を迎えました。
日の出1

雲がなく、出てきたときから強烈な太陽の日差しでした。
そして高くの昇るに連れてもうまぶしくて東の空を見ることができないほどになりました。
今日は、本当に真夏の世界がやってきそうです。
日の出2
2009.07.19 Sun
一日中、雲が横たわった空でしたが、逆に日没近くになるとそんな雲が美しく色づくことがあります。
今日の夕空は雲が様々な色に変化して美しい光景でした。
朝見えた富士山は日没間際にも姿を見せてくれました。
と言っても山頂は相変わらず雲に覆われていましたが。
20090719-7.jpg
しかし、そんな夕空を見ながら冷たいビールが最高にうまかったのでした。
2009.07.19 Sun
強い南風も、さすがに海水浴場ではそれほどでもないようです。
近くの漁港に行くと、早朝の釣りが終わり、漁船は静かに停泊しており、ここには波もほとんどありません。賑わいを他所にした静かな海でした。
漁港

そしてこの漁港から海水浴場を眺めると、波はそれほどでもないものの。海の家を背景に砂浜は海水浴客で大賑わい、対照的な世界が印象的でした。
海水浴場
2009.07.19 Sun
今日は一日中南からの湿った風が吹いて不快な一日でした。
でも、そんなことを言いながら、曇り空の中、昼食後に海に散歩に出かけました。
やはり波は高く、海は濁っていました。
そして海から打ち上げられた海草やゴミが砂浜に打ち上げられ、決してきれいな海ではありません。
しかし、波が高くなるとサーファーは元気です。
もう何回か波に乗ったサーファーが打ち上げられ海草やゴミのある砂浜で休憩していたり、
サーファー

これから、波乗りをしようとしている人たちが多くいました。
サーファー2

地元のサーファーは錆さびの自転車でやって来て、砂浜に自転車を置いて、波乗りをします。
これは湘南海岸の風景といえましょう。
サーファー3

2009.07.19 Sun
今日も一日中曇り空です。
強い南からの湿った風が吹いて来て、体にまとわりつく不快な天気です。
今朝は7時ごろまで富士山が見えていました。
しかし、大きな笠雲に山頂は隠れていました。
確か富士山に笠雲かかかったら雨になるという言い伝えがあったと思います。
そのことから考えるとそのうちに雨が降るのではないでしょうか。
明日は小生の住む町では夜明け前からのお祭りがあります。町の最大のイベントのようなものですから雨は降ってほしくないですね。
笠雲富士
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。