FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2009.05.09 Sat
4月頃までの海岸ではハマダイコンの花が盛りでした。
もちろん今でも咲いてはいるのですが。
しかし、ゴールデンウィークのあたりからそろそろハマヒルガオが海岸を彩るようになってきました。
海岸で育っている花は砂に根を張って生きているわけで、考えようによっては苛酷な環境を好む不思議な植物だとも言えますね。
これから二週間もたてば大群落で砂をピンク色に変えてくれることでしょう。20090509-4.jpg
2009.05.09 Sat
早朝散歩から帰ってきて朝食をとった後、また海岸に行きたくなりました。
こんなことは滅多にありません。
PETボトルに冷たいお茶をいれ、Tシャツとショートパンツで海岸に行きました。
心地よい風と気持ちのよい太陽の光が体に入り込んでいくような感じです。
ボーっとしているのも休日のリフレッシュです。
既に多くのサーファーが波乗りを楽しんでいます。
それにしても富士山を見ながらサーフィンが出来るのが湘南海岸のいいところでしょうね。大きな波がなくてもこの景色を見ながらならばね。
20090509-3.jpg

2009.05.09 Sat
およそ4日ほどしとしと雨は降り続きました。
大雨にはならないけれど明るい光も差し込まないうっとうしい天気が続きました。
そんな気が落ち込むような状況から今朝は一変しました。
快晴です。
さっそく海岸へ散歩に。海に出てみると、何となく霞んでいます。特に東の方向はひどく、江ノ島がようやく見える程度で、房総半島は全く見えません。
逆に西の方向はくっきりとよく見えます。何と言っても富士山がバッチリと見えます。
この4日間の雨が富士山では雪か雪混じりの雨だったのでしょう。すこし白い場所が増えたようです。
何となく久しぶりに会えたようですっかりと気分よくなりました。
20090509-1.jpg

少しカメラを広角側にしてみます。すると富士山の左側ににょきっと尖がり山があります。これが金時山です。そしてなだらかな大きな丘のように見えるのが明神ヶ岳、さらに左に大きな二つのコブのように見えるのは右が神山、左が駒ケ岳、そしてさらに左にまたまた小さなコブが見えます。これが双子山です。
そう、この山並みが箱根連山です。ゴールデンウィークは箱根は人と車で大変なことになっていたようですが、今朝海越しに見える箱根連山は静かなたたずまいで、富士山の露払いのようです。
20090509-2.jpg

2009.05.06 Wed
丹沢の前衛峰というか、秦野にある小高い丘というか、弘法山という235mほどの小さな山があります。
ここは桜の名所で、季節になると桜祭りも行われるので多くの人が登っていきます。
山に登るといっても、幼稚園児でも登れる楽珍な山なのです。
小生は、最近山に登るどころか、まともに運動もしていないので、少しばかり足慣らしをしようと思い小田急の鶴巻温泉駅から秦野駅まで弘法山を経由して歩くことを思いつき、出かけました。
思った以上に多くのハイカーがいましたが、小生はコンビニでおむすび二個とPETボトルのお茶を買って、それを手提げのコンビニの袋に入れて持ったまま出かけました。さすがにこんないい加減なことをしている人はいなくて、少し恥ずかしかったのですが、コースは何の問題もなく、らくらくでした。
ほとんど藪山の世界で、特にきれいな景色もなかったのですが、弘法山山頂に到着する直前に突然白い花が目に付き、近寄るとかなりの数のシャガの花でした。まあ、シャガの花もそれほど目立つ花でもないのですが、こんな藪の中ではさすがに美しく感じ、デジカメで撮影しました。
結局撮影したのはシャガの花の2枚だけでした。
スタートからおよそ1時間50分、無事に秦野駅に到着。PETボトルのお茶が半分余ってました。
藪の中ではシャガは美しく可憐な花でした。
シャガ

2009.05.04 Mon
毎年この時期になると小生宅のプランターでタイムが花を咲かせます。
葉っぱのにおいは食欲がわき、鶏肉や、魚の香草焼きなどにばっちりですね。
花は、わずか5mm程度でいっぱい咲きます。
遠くから見ると濃いピンク色の房に見えます。
しかし近寄ると花があることに気づくのです。
小生所有のコンパクトデジカメで思いっきり近寄ってパチリと撮影。
その後PCで見ると実際には見えにくい細かいところまで見えて面白いのです。
こんな小さな花でも春は規則正しく咲きますね。
ワインとともにおいしいタイムを使った料理をいただきましょう。
20090504-1.jpg

2009.05.03 Sun
今年のゴールデンウィークは特別なイベントがありません。
だから珍しく好天続きにもかかわらず自宅近辺をうろうろするばかりです。
その中で、今日は久しぶりに小田原に行こうということになりました。今日は小田原では最も大きなお祭りの北條五代祭りがあったのです。
北條五代祭りとは戦国大名として関東に君臨した北條家を偲び、華麗な大名行列で小田原の町をパレードするのです。
パレード前の出陣式では初代の北條早雲公に扮した小田原市長が北條軍団を従えて出陣の儀式を行いました。
20090503-2.jpg

当時の北條家が巨大な大名であったことが分かりました。八王子や川越、埼玉の寄居町などは北條家の分家だったのですね。
そしていざ出陣を前に鉄砲隊が鉄砲を炸裂、爆音で皆が奮い立ちました。
20090503-3.jpg

そして、小田原城で復元完成したばかりの銅門から出陣し、市内をパレードするのでした。
小田原は小生の住んでいる町などとは違い、由緒ある街で、街並みもきれいで小生はその昔、一時飲み屋などに通ったこともありましたが、久々にまた楽しく町を散策しました。
ただ、このお祭りのためものすごい人出で、少々疲れました。
20090503-4.jpg

2009.05.03 Sun
連休中は毎日毎日快晴ですね。
昨日も一昨日もほとんど雲もなく最高でした。
ところが今日は朝から灰色の空です。
ところがこんな天気になったにもかかわらず、富士山が見えました。
快晴だった昨日までの三日間はほとんど見えなかったのに不思議なものです。
久々に見えた富士山を良く見ると雪がかなり少なくなって、もう冬の真っ白な世界ではなくなっています。いわゆる銭湯の壁画のような富士山の雪の状態です。
この程度の雪が最も美しい富士山かもしれません。
20090503.jpg

2009.05.01 Fri
今年のゴールデンウィークは珍しく旅行も山登りも予定がありません。
体が鈍るだけの連休となりそうなのでせめて歩いたり自転車に乗ったりして筋肉の老化を防ぐ程度です。
今朝も近場を妻と散歩しました。
この季節はそろそろバラが咲き始めるころで、時々いい匂いが漂ってきます。
空き地のような場所に白とピンク色の小さな花が咲いていました。キク科の花であることは分かるのですが、この雑草のような花の名前が分かりません。
妻になんていう花だろうね、と聞くと即答で、これはペラペラヨメナというんだよ、と。その後すぐに本当だよ、と付け加えました。
本当だよと言ったのは、言った本人も変な名前と思ったのでしょうね。
ペラペラヨメナ、なかなか忘れにくい名前です。
雑草でしょうか。
ペラペラヨメナ
Template by まるぼろらいと