未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.12.31 Wed
年末の最後の一週間は雲のほとんどない快晴が続いた。実に気持ちよい。今日も朝から真っ青な空が最後まで続いた。今年最後の見納めの富士山、冷たそうで凍りつきそうな感じであるが、凛としたたたずまいだ。振り返ると、景気が急速に悪くなり、小生も家計もその影響を受けて冴えなくなってしまったが、来年は何とかこのラスト一週間の天気のように毎日晴れ渡り、富士山の神々しい姿が見えるような世の中に来年はなってほしい。 FI2621903_1E.jpg よいお年をお迎えください。そして来年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
2008.12.28 Sun
昨日まで働いてようやく今日から一週間のお休みである。さすがに今朝は何となくだるくて寒かったので、布団の中の温もりから抜け出せなかった。ずっと家にいて夕方になって海に散歩に出かけた。日没直前の海にはきれいだ。サーファーは暗くなるギリギリまで波に乗っている。犬と散歩する人、ジョギングの人、冬の海でも人はいっぱいだ。 FI2621902_1E.jpg そして、日没の太陽もすばらしいが、富士山もよい。シルエットで見える富士山も夕方の散歩での楽しみだ。年末年始、富士山がずっと見えていてほしい。 FI2621902_2E.jpg
2008.12.23 Tue
休日にもかかわらず危うく出勤をすることになりそうだったが、何とか回避。休めたことがラッキーと思うと遊びに行きたくなるのであるが、この休みを逆に利用していつもよりも早く年賀状を書こうと思い立った。小生も宛名書きソフトなどを使っているのであるが、あれもバージョンアップするに連れて凝りに凝った姿に変身する。確かに5、6年前から比べると驚くほど様々な機能がある。しかし、宛名を印刷猿だけならもっとシンプルでもいいのに、などと滅多に使わないソフトに少し文句を言いながら一日をかけた。今年は余裕の投函ができそうだ。終わってみれば太陽は沈んで寒く冷たい日没の空であった。朝見えていなかった富士山が見えた。それだけで満足する休日だった。 FI2621901_1E.jpg
2008.12.21 Sun
午後になってすごい南風である。風の音がゴーゴーと鳴る。生ぬるい風は気温を上げて、全く寒くない。今日は冬至というのにコートなんて全くいらない。日向にいると暑いと感じる。部屋の中ではシクラメンが咲いている。クリスマスの頃になると突然花屋にいっぱい並ぶシクラメン。 FI2621900_1E.jpg 寒い季節に咲くのに、外に出されて咲いていることはない。太陽の日差しがうっすらと差し込むレースのカーテン越しに咲くのが似合っている。今日はそんなシクラメンにぴったりの一日であった。
2008.12.20 Sat
12月に入ってから真冬のように寒い日があればぽかぽかの暖かな日があったりと気温差が大きい。当然のように体調を崩しやすい。おまけにインフルエンザが流行り出した。年の終わりの月であるから仕事は忙しい。忘年会があるから夜は酒を飲む。不景気が猛烈なスピードでやって来た。懐は寒い。そんな状況だからブログも更新できない。何ということか。今日はぽかぽかの暖かさ。メリハリの利いた富士山ではなくべったりとした富士山だ。 FI2621899_1E.jpg
2008.12.07 Sun
このところ少し気に入っている漁港の夕暮れ。日没の30分前ごろからぶらぶらした。ちょうど4時ごろの漁港。夕暮れ時になっても雲が全くなく、富士山がよく見える。もうかなり低い位置にある太陽の光が船に当たってまだ温か実を感じる。 FI2621898_1E.jpg 4時20分過ぎには太陽が箱根の山に沈んだ。空は赤さは増してくる。船には当然光が当たらなくなり一日の終わりを感じる。そして急速に寒くなってきた。急いで帰宅した。 FI2621898_2E.jpg
2008.12.07 Sun
今朝も快晴。しかし、昨日とは違い気温はずいぶん下がった。小生宅の玄関前の気温は5℃、寒い。それでも東の空が明るくなってくるとやはり海に行きたくなる。いつも富士山の写真を撮る場所に行く。 FI2621897_1E.jpg 太陽が昇ってくるのはまだ10分以上先のこと。富士山は青白く寒そうではあるがくっきりと見える。上空はうっすらとピンク色になりつつある。 数分後、まだ太陽が昇ってこないが、富士山の山頂では日の出を迎えたらしい。山頂付近は光が当たって反射している。この微妙な光の具合が小生は大好きである。海岸ではそんな富士山を見ることもなく釣りをしている人がいる。穏やかな日曜日の始まりを感じる。 FI2621897_2E.jpg 太陽が東の空から昇ってきた。一気に明るさが増す。そして東の方の海が太陽の光でキラキラとし始めたとき、富士山はほぼ全身を太陽の光で包まれる。空はピンク色からオレンジ色に変わり、全体が赤く染まる。夜明け前から日の出までの20分程度のドラマ。どの色の富士山がお好きですか? FI2621897_3E.jpg
2008.12.06 Sat
今年も最後の月になった。年を取るほどに一年は早く感じるようだ。・・・・・昨日の夜降っていた雨はどこかに去っていき、今朝は見事な冬晴れだ。この時期になると小生がいつも日の出を取っているところから2kmほど海岸伝いに西に行くと、えぼし岩の横から太陽が出てくるのを見ることができる。殺風景なと所なので普段は行かないが、気温も高かったこともあり、いってみた。なんと多くの三脚を据えたカメラマンがいる。最近の一眼レフ流行で、巨大な大口径レンズを自慢げにつけて構えている。その人たちを邪魔するようにその前に行って日の出を待った。予想通り、太陽がえぼし岩の横から出てきた。オレンジ色の強烈な光線で肉眼ではえぼし岩がまぶしくて見えない。でもシャッターを何回か押した。できた写真にはえぼし岩が写っていた。すごく強烈な光が印象的な朝であった。 FI2621896_1E.jpg
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。