未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.11.30 Sun
日没から40分、空は夜に変わろうとしている。まだ、地平線はオレンジ色であるが、上を見上げると深く青い空となっている。南の空は新月からまだ二日しか経っていない上弦の月、そして斜め左上に金星が輝く。そしてさらにその上に少し明るさは落ちるが木星が光る。きれいな夜空だ。 FI2621895_1E.jpg
スポンサーサイト
2008.11.30 Sun
夜明けの富士山があまりにも素晴らしかったので、再び漁港に行った。するとなんと富士山は雲に隠れて見えない。驚いた。少し前まではっきりと見えていたのに。しかし、沈もうとする太陽と一日の仕事が終わって停泊する漁船の取り合わせがなんとも絵になる。 FI2621894_1E.jpg 雲が湧き、箱根の山に沈む太陽の光が海水を反射させる。こういう世界も好きだ。 漁港で釣り糸を垂れていた釣り人たちもそろそろ帰路に着く。今日の釣果はどうだったのであろうか。
2008.11.30 Sun
今日は一年でもそうあるわけではないような澄んだ空気のすばらしい空であった。そしてその空気が遠くの景色をも見渡せる状態にしてくれた。富士山は日没時を除いてほぼ終日見えた。特に午前中は最高の富士山であった。 FI2621893_1E.jpg
2008.11.30 Sun
夜明け前の漁港。漁船がこれから忙しく出て行く直前だ。西の空が昨日とは違い、ほとんど雲がない。こんな日は当然のことであるが、富士山が見えている。 太陽が昇ってくる前、富士山は青白く冷たそうな佇まいだ。 FI2621892_1E.jpg 一週間前に比べると、ずいぶんと雪が多くなっている。太陽が昇ってくると、今まで青白く冷たそうであった富士山が、一気に赤色に変化する。赤富士だ。今日の姿は完璧だ。日本一の山だ。 FI2621892_2E.jpg
2008.11.30 Sun
昨日の夜遅くからずいぶん強い南風が吹いていた。そのためか、今朝は気温が高く、しかも澄んだ空だ。まだ夜明け前の6時ごろから海に行く。 太陽が昇ってくるまでにはもう少し時間がある。今日の空は青というよりも少し紫色がかかっている。どうしてこんな日によってこんなに色が変わるのか。面白いものである。 FI2621891_1E.jpg 15分以上経過、ゆっくりと太陽が昇ってきた。とたんに周りの色が変わる。紫色していた空はどこかに行ったようだ。太陽の光線が海を走る。海が輝く。 FI2621891_2E.jpg
2008.11.29 Sat
東の空にはほとんど雲がないのに西の空は雲が多く横たわる。小生が海岸に着いたときは富士山はもちろん箱根の山すら見えなかった。ところがオレンジ色の太陽が昇ってきてまもなくして富士山がほんの少し現れた。あわててシャッターを押した。しかしその後は再び雲隠れ。もしかすると今日富士山を見られた人はラッキーだったかもしれない。 FI2621890_1E.jpg
2008.11.29 Sat
昨日の朝はけっこうしっかりとした雨が降った。しかし、夕方は美しい夕焼けを見ることができた。だから昨晩の時点で天気がほぼ約束されていた。6時過ぎに自宅を出て海岸へ。東の空はほとんどくもが見えない。釣り人たちの車が次々と漁港に入っていく。小生も引っ張られるようにして行った。太陽が昇ってきた。 FI2621889_1E.jpg 釣り人は釣り具の準備に忙しそうで、日の出を見る人などいないようだ。しかし、このわずか数分はやはり太陽を眺めたい。それだけで元気が湧いてくる。寒さも吹き飛ぶ。まもなく船は港を忙しそうに離れていった。 FI2621889_2E.jpg
2008.11.24 Mon
日の出から20分ほど経過。海岸を歩きながら、漁港に行ってみる。漁船が忙しそうに動いている。雲が北から東に湧いてくる。太陽の光が雲で拡散されてなんとなくほんわかとした雰囲気がよい。 FI2621888_1E.jpg 西の空を見ると富士山がぼんやりと見える。昨日は本当にくっきりと見えていたのに、一日経つとこんなに変わるのか。一日たりとも同じ表情を見せない富士山。ぼんやりと見えるのもまたよい。今日は青空が少なくなっていきそうな予感だ。 FI2621888_2E.jpg
2008.11.24 Mon
静かな夜明けの海岸、風がなく大きな波がないので、サーファーもほとんどいない。ただ小さな打ち寄せる波の音だけがする。 暗い雲の横たわる東の地平線のわずかな隙間から太陽が顔を現した。海の上にオレンジ色の光が走る。この一瞬が大好きだ。 FI2621887_1E.jpg 雲が多いのかと思うと、上を見上げるとそうでもない。青空が見える。しかし、時間とともに雲が増えているように思える。昨日は雲の多目の朝であったがどんどんと雲が泣くなって行った。昨日とは反対だ。今日の天気は下り坂だろうか。 FI2621887_2E.jpg
2008.11.23 Sun
今朝は少し多目の雲であったが、その後はどんどんと雲がなくなり、結局快晴の一日であった。こうして晴天が土曜日も日曜日も続くのは本当に久しぶりのことであった。夕方西の空に太陽が沈む時刻は4時半ごろ、一年で最も早く太陽が沈む頃だ。その沈んだ太陽の後の空には、南側に一番星の金星が輝き、すぐ上を二番星の木星が輝く。しばらく経つとどんどんと暗くなるが、西の空は地平線近くはオレンジ色、上は濃いブルーとなり、その徐々に変わるグラデーションが実に美しい。おまけに一日中姿を見せていた富士山がシルエットとなりすばらしいトワイライトシーンとなった。 FI2621886_1E.jpg
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。