FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2008.07.21 Mon
この三連休の前半二日、つまり土曜と日曜に小生は八ヶ岳を歩いていた。
八ヶ岳を選んだのは多分今なら花がいっぱい咲いているだろう、そして楽ちんだろう、そしてテントで仲間と酒を飲んで楽しもう。
つまりかなりいい加減な理由だ。
そんなもんだから、テン場はオーレン小屋を選び、そこにテントを張って、初日は天狗岳を往復、二日目は硫黄岳に登り、そこから赤岳までを往復する。という珍しい計画だ。
土曜日は天気もよく気分も最高、テントを張って、すぐに天狗岳に向かった。
途中、根石岳の小屋の周りにはコマクサがいっぱいだ。予想通り、と満足する。
そして最初の目的、東天狗岳で昼食を作り、ますます元気になって、西天狗岳まで行ってさらにコーヒーを作ってのんびりとする。
その後、テン場に戻って、予定通り、ビールや酎ハイで酔ってしまう。

一枚目の写真は、根石岳からの天狗岳、吊尾根を挟んで右が東天狗岳、左が西天狗岳である。


二日目は晴れているが、意外に気温が高かったためか、薄いガスがかかってくっきりとした視界ではなかったが、何となく厳かな感じがする早朝であった。
前日結構飲んだのに、早く寝たので快適に目が覚めた。
樹林帯をくぐって、八ヶ岳主峰の稜線に立つ。
薄いガスが独特の雰囲気だ。
二枚目の写真は硫黄岳の山頂から見た南の山々で左のノコギリのような山のピークが横岳、そして真ん中が赤岳、右は阿弥陀岳だ。今回はさすがに阿弥陀には行かなかったが、赤岳まで行って戻ってくるには結構あるなあ、と少し挫けそうになった。
しかし元気を持続させてくれたのは、高山植物であった。
硫黄岳の小屋の周辺はコマクサの大群落、そして横岳の岩場の周辺は色とりどりの高山植物が競うように咲いていた。



横岳の岩場は多くのおばさんたちのパーティーがいて、鎖場などなかなか進まない。
そのため幸いにも、小生は高山植物の写真をいっぱい撮ることができた。

三枚目の写真は赤岳に向かう道、横岳の岩場もほぼ終わりというところでまたまた渋滞、待っているときに赤岳を撮影したもの。

この後無事に赤岳に到着。
一時間ほど食事をしながらくつろいで、今度は硫黄岳に戻る。行きと帰りではずいぶん見える世界も違う。結構楽しいではないか。
往路よりもずっと早い時間で戻れた。
きっと赤岳から硫黄岳に向かう方が楽なのだろう。
しかし、オーレン小屋まで戻ると結局8時間以上歩いたことになった。
よく歩いた!


2008.07.21 Mon
まだ空も闇に包まれている3時過ぎ。
太鼓の音、鐘の音、喚声。
寝られない。
山から帰ってきたばかりでゆっくりとベッドで疲れを癒す、そんなことできない。
毎年のことであるが、「浜降祭」という夜明けのお祭りがある。
市内の神社の神輿が海岸に向かう。
5時前にうす曇の中、海に出かけた。
既にものすごい人だ。


神輿もどんどん終結してくる。
例年ならば神輿がすべて集まった後、神事が催されるのであるが、今年は曇り空ということもあったし、身体もだるかったので、早々に帰ってきた。


2008.07.13 Sun
江ノ島という陸地とつながった島がある。
小生の住む湘南海岸では誰も知らないものがいない有名な観光地である。
この江ノ島に今朝はサイクリングしてきた。
サイクリングといっても高々8kmか9km程度なのであるが、真夏の日差しで汗いっぱいかいた。


島の中に入って、自転車を止めて、坂道や階段を上って島の上のほうに行く。
江ノ島は神社が多い。
しばらく行くと、日本三大弁才天といっている江ノ島弁才天がある。
派手な紅白の幟と御神籤で目立つ場所だ。


ここを過ぎてさらに階段を上ると江ノ島歌舞伎と書かれた石碑がある。
尾上菊五郎と尾上菊之助の手形だ。
江ノ島は大昔から歌舞伎が有名だとか。
千両役者も来て演技するらしい。


そしてさらに歩いていくと、江ノ島特有のエスカーというエスカレータがある。
島内がやたらと階段が多く、それを嫌う人たちが金を払ってエスカレータに乗れば、展望台まで行けるのである。
このエスカーもまだやっていない。券売所の窓口には猫がのんびりとしている。
そういえば、江ノ島は猫がいっぱいいる。
島の人たちが共同で育てているらしい。


さらにしばらく行って竜宮大神などと竜が襲ってくるような像の中に祠があるらしい。


江ノ島は、ヨットハーバーやおしゃれなカフェもあるし、若者も多く来るが、実はこんな感じの古い時代の世界が多いのも面白い。


2008.07.06 Sun
小生宅の安い植木鉢の中で育ちも悪く元気もなかったが、急に花を咲かせた。
黄色い小さな花が植木鉢に散りばめられたように咲いている。
不思議にも花と同時に白い葉っぱのような萼片も出てきた。
この花をいっぱいに咲かせているようなお宅はなさそうだし、そもそも育てているお宅も少なそうだ。
不思議なことに小生宅にはあるのだ。
いつもより咲くのが遅い感じがするが、こっそりと咲いていたのが面白かった。

コンロンカ。


2008.07.05 Sat
今日は意外に天気がよく真夏の暑さとなった。
こんな時に、小生は妻と野球観戦に行った。というのも横浜スタジアムの指定席を獲得できたからである。
小生は子供の頃から実はトラが大好き。
今年絶好調だし、昨日まで4連勝。気分もよく横浜に行った。
横浜駅で根岸線に乗り換えると、不思議なほど縦縞のユニホームを着た人がやたらと目立つ。関内の駅に降りたら流れるように横浜スタジアムへ行く。
ここはベイスターズの本拠地なのにどうしてこうもタイガースファンが多いのか。
小生も一緒になって応援した。テレビと違って、なんとも言えない雰囲気と一体感だ。
暑さで熱中症にならないようにビールも進む。
試合は矢野が火をつけてくれて、圧勝。
気分よく家に帰った。
今年はいけるぞ、と強く思った一日であった。



Template by まるぼろらいと