FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2008.04.06 Sun
雲もほとんどない快晴の天気、気温も高くいい季節になってきた。
しかし、小生の大好きな富士山はすっかりと見えなくなってきた。
霞んでしまうのである。
今日も日の出の頃はぼんやりと出ていたが、もうまもなく消え去った。
しかし、夕方5時過ぎに見るとまたまたぼんやりと見える。
そうなると急に思い出したのが、ダイヤモンド富士、つまり富士山に太陽が沈んでいく光景だ。
しかし、小生宅の近辺、たとえ海に出てもダイヤモンド富士は今日見られないのである。そのことは、カシミールという山岳風景のシミュレーションソフトを使って調べていた。カシミールからの予測では4月2日が小生宅近辺でのダイヤモンド富士の日なのである。


それでも、なんか計算間違いでもしてないかとわずかな期待をして外に出て太陽の様子を見ていた。
ううん、やっぱり富士山には太陽は落ちていかない。
それを知ったのが17時45分ごろ。
確かに数日前なら間違いなく見られたはずだ。
残念だ、などと思う。


そしてその10分後には明らかに富士山の右斜面に落ちていくことが分かった。
先週の水曜日がバッチリ山頂に沈む日だったのである。
ところで先週の水曜日は富士山が見えたのか、見えてなかったのではないかなあ。
この季節、富士山が見える確率はずいぶん少なくなる。
ダイヤモンド富士が見られるのは滅多にないかもしれない。


スポンサーサイト



Template by まるぼろらいと