未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.24 Sun
今朝は昨日と違って北側からの風だ。
それでも久々に海は波が高かった。
このところほとんど見なかったサーファー達も今日は多い。
波打ち際で大きく砕ける波は、真っ白になって飛散する。
その白さと富士山の雪、そして纏わりつく白い雲。
風をこらえながら見るだけの景色だった。


スポンサーサイト
2008.02.24 Sun
昨日の強風は、やはり春一番であった。
今朝も風が強く昨日の残りの風かと思ったが北風である。
冷たい風である。
久々に波も大きいし、海の色が冷たさいっそう強めるような濃い色である。
再び冬に戻った感じである。


日の出は徐々に早くなって、もう6時半前に太陽が出てくるようになった。
今日の太陽の光はいきなり眩しかった。
強烈な光線が海を照らす。
しかし、まだ海の色は冷たい。



2008.02.23 Sat
暖かな日差しで春そのものといった感じの朝だったが、10時過ぎ頃から突然ものすごい南風だ。
春一番かもしれない。
その後東の空は暗くなり、天気はそれほどよくない。
日の出の頃から富士山も全く見えなかった。
ところが日没直前に突然現れた。
危うく見逃すところだった。
頂上ではブリザードが吹き荒れたのではなかろうか。



2008.02.23 Sat
昨日は暖かさを実感する一日であった。
そろそろ春の温もりを実感してもよい頃だろうと思っているのであるが、今年は寒い冬でなかなか暖かさを味わえなかった。
昨日の暖かさを今朝は引きずっていた。
それだけでうれしいではないか。

そして、春が近いと感じさせてくれるのはやはり植物だ。
葉っぱのない木々をよく見ても芽が出ている。
同様に地面もよくよく見ると、植物が芽を出しているではないか。
いつの間にか元気よく地面から出てきたのである。


小さな葉っぱもそうだ。
まだ寒いからなのか、毛がいっぱい生えて、防寒しているのであろう。
これももう少し暖かくなれば、大きく成長していくのであろう。

もう少しの我慢だ。



2008.02.17 Sun
海岸散歩でいつも富士山を撮る場所に移動。
日の出の後10分も経っていないのに、もうあたりはものすごく明るい。
昨日と同じような時間であるが、昨日よりもさらにくっきりはっきりと見える。



地上が日の出を迎える前の富士山はピンク色であったが、地上に太陽が現れてからはオレンジ色になる富士山。
次々と釣竿を持ってこの場所に人が現れてきた。
日曜日の海岸が賑わい始めてきた。


2008.02.17 Sun
地上ではまだ太陽が昇ってこないが、富士山の山頂では既に太陽の光を浴びていることが分かる。
今日もすばらしい富士山が出ていた。
漁港ではこれから釣り船が出航という賑やかな時間帯だ。
釣りの準備に忙しいらしく富士山を見ようともしていない。


時間が経つに連れて富士山はますます太陽の光を浴びて赤くなっていく。
今日のような富士山はやはりそんなに何回も見られるものではない。
ラッキーな一日だった。


2008.02.17 Sun
今日も晴天、ようやく南関東の冬らしくなってきた。
今朝は昨日よりもわずかに気温が低い。
日の出前の海岸は釣り人がわずかにいる程度。
江ノ島の上空が赤くなっているが、周りはまだ薄暗い。
江ノ島へ通じる道と展望台の上のサーチライトの光が冷たい空気に揺らめいていた。


およそ15分後、太陽が出てきた。
今はちょうど江ノ島の上から出てくる感じだ。
あたりは一気に明るくなる。
すばらしい日の出である。


2008.02.16 Sat
午後になって雲が多くなってきたが、日没の前後にその雲がいい色を作ってくれた。
オレンジや赤や青や紫が渾然一体となった様は美しい。
箱根の山の上に描き出されたほんの数分間の色であった。


2008.02.16 Sat
波のない海の後に浮かぶ富士山。
今朝はずいぶんと赤く、いやオレンジ色に染まっていた。
雲がなく太陽の光が強烈であったからこのような色になったのであろう。



この前の休日に同じ場所から見た富士山はオレンジ色というよりはピンク色であった。
気温や雲の多さや太陽の光の強さなどで同じ富士山でも様々な色になるようだ。
だから富士山は飽きることがなく、いつまででも見ていられるようだ。


2008.02.16 Sat
気温2.5℃
今朝はあまり寒さを感じなかった。
今週は本当に寒い日が多かったため体がなれて、この気温でも平気になったようだ。
おまけに風が全くない。
波もほとんど立つことなく、静かだ。このところ海は平静だ。
そのためか近頃サーファーを見ない。
そんな海からまもなく太陽が出る瞬間だ。



太陽の位置がかなり移動してきた。
いつも日の出を撮っている場所からでも日のでは江ノ島の上から現れてきた。
太陽が出るとその瞬間、海面に光の道筋ができる。
小生はこれがものすごく好きなのである。


Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。