FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2007.12.08 Sat
なんとなく雲の多い空で、その雲の合間から所々で青い空が見えるような夜明け前の天気であった。
海は穏やかで湖のようだ。
こんな空で太陽は出てくるのかな、と思いながら東の空を見ていた。
今日は先週とは全く反対方向に行く。
この時期はカメラマンが早くから三脚を据えて並んでいる場所だ。
そこはえぼし岩の真上から太陽が上がってくる所なのである。
小生は、へそ曲がりだからそんなカメラマンが並んでいるところに同じようにカメラを構えるのは大嫌いだ。
少し移動して誰もカメラを構えないような場所に行く。
海を見ると全くまぶしくない赤い太陽が現れた。


しかし、太陽を見ていると面白い。
どんどんと色が変化してくる。
赤い太陽が上に昇るほどにオレンジ色に変化してくる。
太陽自体が複雑なグラデーションを呈している
そしてまもなくまぶしくて見ることもできないいつもの太陽となっていった。


スポンサーサイト



Template by まるぼろらいと