FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2007.09.23 Sun
5時38分ごろ、太陽は東の空から出てきた。
雲が半透明の膜のように太陽の輪郭を隠している。
そのため、昨日のような太陽が昇るとすぐに光のスジが海面に走るわけではなく、広がりがある。


レンズを広角側にして、もう少し上空の空も写し込んでみた。
この写真を見ると、本当に東の空、水平線に近いところだけ雲が切れていることが分かる。
しかし、太陽が昇ってきて、分厚い雲も少し色づいているようである。


太陽の全体が顔を出した頃から、光は一気に強くなり、海面に光の道筋ができた。
日の出前の空と海のバランスのとれた色は急速になくなっていく。

今日の天気予報は曇りで夕方頃から雨と言う。
ならば、太陽の美しさはこのときだけかもしれない。


スポンサーサイト



2007.09.23 Sun
雲の多い空だ。
ほとんど全天厚い雲に覆われている。
ただ、東の空だけが微妙で雲が抜けている場所がある。
暗い海が、東の空の赤さを映し出し、赤く染まっている。
闇が破られ、紫から赤の世界になった。
日の出前20分


5分経過、まわりが急速に明るくなってきた。
雲のカーテンから赤い光が降りてきたようななんとも言えない透明感のある世界が日の出前にはあった。


Template by まるぼろらいと