FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2007.09.17 Mon
一日中強い南風だった。
べたつくようなしおを含んだ風が海から吹いてきた。
休日ということもあって、小生は昼間からビールを飲んで心地よくなっていたが、夕方になって富士山が見えていたので海に行ってみた。
朝と変わらず南風が吹いていた。
波しぶきを避けるために、漁港に行って富士を見ていた。
夕日が富士山の肩に沈む直前、なんともまぶしい光と富士山の周りを取り巻く輝きが不思議な世界を作っていた。


そして、太陽が隠れ、光が富士山の肩に閉じ込められた時、急速に当たりは暗くなっていく。
わずかな光で海面の一部が光るが、海は暗くなり、空は深い青色に変わる。
この変化もドラマだ。



スポンサーサイト



2007.09.17 Mon
今朝は、湿気のある強い南風が吹いている。
何となく潮を含んだべたついた風と不快な磯のにおい。
しかし、日の出前の空は美しかったので海岸散歩に行った。
海岸は波しぶきが飛んであたりはうっすらと霧がかかったようである。
江ノ島などは霞んでいる。
日の出前およそ10分、雲の色が真っ赤に染まって美しい。
この色を見ながら波の音を聞くのは心地よい。


東の水平線近くには昨日もそうであったが、黒い雲が横たわっていたので、太陽がなかなか出てこない。
日の出の時刻より少し経過した頃、太陽はまだ出ていないが、空の色が変わってきた雲の色が赤から白っぽくなっていく。
太陽の出る位置だけがオレンジ色だ。


そして太陽が出てきたとき、強烈な光があたりを照らし、赤や青や紫色のきれいなグラデーションは吹き飛ばされ、白い世界になったようだ。



Template by まるぼろらいと