FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2007.08.16 Thu
今回の三泊四日での山歩きでは何と言ってもコマクサの多さに驚き小生は喜んだ。
コマクサに関してはまたそのうちアップするとして、それ以外の花も記録しておきたい。
東天井岳の直下を歩いている際に突然白や黄色の花が斜面を彩っている場所があった。斜面に咲いているのでなかなか写真にするのは難しいが、できるだけ近寄って撮ってみた。

?ハクサンイチゲ
いつものことであるが、高山に行ってこの花に出会わないと何となく物足りない。
群落はきれいで名所はいっぱいあるが、例年だとお盆の時期にはもう遅く、花は終わっていることが多いのであるが、ここではまだ大丈夫であった。


?チングルマ
この花も誰もが知っている高山植物である。
今回はもう終わりかけか、花が散ってしまったものが多かったが、ここは比較的状態が良かった。
花が終わったあともひげのような状態になり、その後紅葉もするので、行く時期によって楽しめるのであるが、やはり白い清楚な花が良い。


?アオノツガザクラ
白くて小さいぼんぼりの様な花が記憶に残る。
この一帯では小生が見つけた株以外には見つからなかったからラッキーであった。

実は以前、蝶ヶ岳の妖精の池と言われる場所の近くに大きな群落があったので、今回登る前まではそこに行こうと思っていながら、山に着いたらビールを飲んで忘れてしまったのである。


スポンサーサイト



2007.08.16 Thu
大天井岳直下には大天荘という山小屋があり、そこで多くの人は休憩する。
ここはこれから行く燕岳への道と今まで歩いてきた常念岳への道以外に槍ヶ岳に通じる東鎌尾根がある。
しかし大天井岳山頂は完全な行き止まりとなるので、この山のピークには誰もが荷物を下の小屋において登る。わずか10分程度で山頂だ。
山を登る人には今更何を言うということになるが、大天井岳は「おてんしょだけ」と読むのが正式らしい。ところがなぜかほとんどの人が「おてんしょうだけ」と呼ぶ。
小生もそう呼んでいる。
山の標高は意外に高く2922mもある。この高さは白馬岳とあまり変わらない。
山頂は行き止まりだけのことはあり、360°のパノラマが広がっている。
今まで見ていた槍ヶ岳や穂高岳の前には長く連なる東鎌尾根があり、少し風景が変わる。


さらに、槍ヶ岳の右側には北アルプスの中心部のような秘境の山々連なる。
写真は左のピークが鷲羽岳で中央の黒い三角の山が水晶岳だ。
さらに右側の山は多分赤牛岳だと思う。
いずれにしても深く切れ込んだ谷と奥から連なる尾根がいくつもあって豪快な山の景色である。


また、北側は今まで見えなかった高瀬湖が眼下に見え、左側の奥に立山、その横に剱岳があり、写真中央より少し右の尖がった山は針ノ木岳である。
こんな北アルプスの名だたる山がくっきりと見えている山が大天井岳なのである。
しばらく景色を見ながら仲間と見える山が何であるか確認しあった。


Template by まるぼろらいと