FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2007.08.15 Wed
常念小屋は7年前にある事件があり思いで深い小屋であるが、その話はまた別の時に記す。
さて、13日は小屋の前で日の出を見て早々にテントを撤収、6時前には歩き始めた。
目指すは大天井岳だ。
最初の30分ほどが樹林帯の登りで結構きつい。
その後は比較的勾配の緩い登りがだらだらと続く。横通岳という誰も山頂へは行かず中腹を巻くようにして通り過ぎる山があり、そこから東天井岳というこれまたピークもよく分からない山の直下を行く。
ちょうど東天井岳の下辺りから常念岳と横通岳がよく見え、横通岳とはよく言ったものだと思うような横っ腹にルートがあることが分かる。
名前の由来が実に可哀想な山だ。



しかし、この山をバカにはできない。多くの斜面でコマクサを見ることができた。
そして、槍と穂高の顔が少し変わってくるのが分かる楽しい道なのである。
槍ヶ岳は今まで見えなかった小槍が右に見え始め、穂高は涸沢カールがはっきりと見え、中央に涸沢ヒュッテがあることが分かるのである。



そんな楽しい道を歩き、東天井岳の横を登ると大天井岳がすぐ前に見えると思っていたが、ちょっと錯覚していた。
まだ少し先のピークが大天井岳だとすぐに分かった。
ここで少し精神的な疲れが出たが、辛い斜面もなく、また、立山や剱岳が見え始めたので元気が出る。
そしてしばらく歩くと、大天井岳直下の山小屋、大天荘がはっきりと見えてきた。
あそこに着いたらザックを下ろし、空荷で山頂まで行き、戻ってから二度目の朝食にしようと仲間と言いながら再び元気を取り戻した。


スポンサーサイト



2007.08.15 Wed
長野道の豊科ICを降りて北アルプスに沿った国道147号線などの道を走っているとピラミッドの大きな山が目に付く。
これは誰が見ても分かる。その山こそが常念岳だ。標高が2857mで、北アルプスではありふれた高さであるが、登りはきつい。
安曇野の方では中学生になると誰もが学校で夏休みに登る山だとタクシーの運転手さんが教えてくれた。
蝶ヶ岳からお茶を飲んだり写真を撮ったりしながらおよそ5時間、最後の登りにあえぎながら山頂に到着した。
ちょうどお昼頃だ。普通の山の天気ならばガスがかかって景色が見えにくくなる時間だが、今回は全く違った。
槍と穂高をバックに記念写真を撮る人の多いこと。
そして皆がその方向を見て喜んだ。


北の方向を見ると、少しガスが立ち込めてきたのであるが、明日に登る大天井岳が巨大な姿を見せている。
あそこまで遠いなあ、などと思いながらしばし山頂の眺めを楽しんだ。
そして、下山、常念小屋を目指した。


2007.08.15 Wed
意外にも海辺で暮らす小生にとっては、山で数日過ごして戻ってくると何となく海に行ってみたくなるのである。
もう本当に久しぶりのことであるが、日の出前に海岸に行った。
海水浴場ではいつからいるのか分からないが若者がはしゃいでいる。
今日も快晴を予感させるほとんど雲のない空だ。ただ、江ノ島の奥のほうにはわずかに雲がたなびいていた。


5時過ぎになってようやく太陽が顔を出した。
まだまだ海岸からは出てこないで、防砂林の上から出てくる。まぶしい太陽だ。
今日も猛烈に暑い一日となろう。




遠くの景色を見ていると、海も気持ちが良い。
波の砕ける音と海鳥の鳴き声も心地よい。
ところが、小生はそうそうに散歩を止め、家に引き上げた。
というのも、足元を見ると嫌になってしまったからである。
海水浴場の砂はゴミ箱だ。
ゴミを持ち帰らずにそのまま置いて帰る不届き者が多いということが分かる。
タバコの吸殻はいたるところに散乱している。
さらにPETボトル、ビーチサンダルが多い。幼児のおもちゃや花火、ビールの缶、日焼け止めのクリームの空容器・・・。
比較するのは間違いかもしれないが、小生は思う。山では重い荷物を皆背負って歩いているが、自分の出すゴミは決してその場に捨てない。重くても持って帰る。大半の人はそうである。しかし、海では肩に食い込むほどの荷物を持ってくる人はそう多くはないだろう。しかし、ゴミは平気で捨てる。すべての人がそうではないだろうが。
これでは地元の海岸クリーニング活動も焼け石に水だ。
何とかならないものか。


Template by まるぼろらいと