未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07.31 Tue
一昨年も遊びに行ったのであるが、今年も白馬村で2日間を過ごした。
北アルプスや南アルプスの見える場所で暮らしている人を大いに羨ましく思う小生は、わずかでもいいから滞在したいのである。
山の匂いはやはり気持ちよい。
今回、北アルプスがくっきり見えたのはわずかに早朝の数時間だけだった。
早朝に散歩することは普段から苦にならないので、非常に楽しかった。
山を見ると右手に白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳のいわゆる白馬三山がくっきりと見える。そして正面は八方尾根でゴンドラやリフトが見える。不帰や唐松岳は八方尾根に邪魔されて見えないが、その左には五竜岳が見える。北アルプスでもブランドの山々だ。
そして麓にオリンピックで大いに盛り上がった八方のジャンプ台が巨大な姿を見せている。
こんな景色を眺めながら毎日散歩は楽しいだろうな。
白馬岳から五竜岳までを一枚の写真にしたかったので、4枚を繋いでパノラマにした。

しばし海岸の波の音や潮の香りを忘れた楽しい時間であった。


スポンサーサイト
2007.07.30 Mon
八ヶ岳の麓は家族での小旅行にぴったりで、小生の家族は大好きだ。
いつも行く宿もあり、一年に一度は行くのである。
今回、小生の目論見では梅雨が明けて間もない時で、湘南では熱帯夜が続く時に涼しい風を受けた山の空気で癒されるはずであった。
そこで、普段山登りなど全くしない妻と長く歩くだけで文句を言う息子に何とか山の素晴らしさを味わってもらおうと思い、山頂からの展望が抜群で、お手軽な山を考えた。
そうそう、蓼科山がいい。ゴールデンウィークに残雪の山を楽しもうと行ったら雨で、登らずに引き上げた恨みもあるので、蓼科山を妻と息子に提案した。二人ともそんなに展望が良いのなら行ってみようということで、トレッキングシューズも買って準備万端だった。
しかし、目論見どおりには行かないものだ、梅雨は明けるどころか雨が降るかもしれないという。
しかし、当日の空はまずまずだ。
よし行こうと張り切った。
七合目の登山口から登り始め、ひたすら樹林帯を上がる。小生にとっては山に登るためには当たり前のルートだったが、息子が文句を言い出した。
一時間程度歩いたところで、もう体力の限界と叫ぶ。それを叱咤して何とか将軍平まで行き、山小屋の前で大休止した。小生が山仲間と行く時はそのまま通過してしまうような場所なのだが。
そこから山頂まではおよそ30分程度だが、コースは大きく変化し、巨岩が山頂まで積み重なっている。今までのような歩き方では無理で、時には手を使うこともある。
どうしたことか、その巨岩のルートになると息子は大喜びですごいスピードで登る。しかし、今度は妻がばててきた。足が痛いと文句を言う。
ううん、やはり山登りをしない人間にはお手軽コースでもなく、苦しい修行の場なのか。
そんなこんなでようやく山頂に着いたときには、全天大きな雲に覆われている。
かろうじて下に白樺湖とその周辺が見える程度だ。




山頂で記念撮影、蓼科神社へお参りしたのち、おにぎりを食べてほっとする。
すると八ヶ岳がわずかながら見え始めた。
しかし、この2530mの山はこんな展望ではない。
北アルプス、南アルプス、富士山がくっきりと見えるのだ。
それを説明しても、妻は、「あっそうなの」というだけ。
早々に降りた。
明らかに二人の不満顔があった。



2007.07.30 Mon
この二週間、忙しく働き、しばしの休暇で家族旅行をした小生は、ブログを大いにサボってしまった。
まさかまだ梅雨が明けていないとは思わず、休暇は避暑のつもりで八ヶ岳や北アルプスの麓で3日ほど過ごすことを楽しみに働いた。
でも、天気は曇りがち、夏空が時折見える程度。
少し残念であった。
満足したことは、毎日車で走りながら適当に入った蕎麦屋がすべて美味しかったこと。
信州は本当にそばが美味く、どこの店に入っても外さないような感じがする。
八ヶ岳麓の高原ではあちこちに大きなヤマユリが咲いていて独特のにおいを放っていた。



2007.07.16 Mon
毎年一年に一度のことだからいいのであるが、朝の3時ごろから鉦や太鼓の音、人の喚声で眼が覚める。
そして道には神輿が次々と集結し、海に向かって行く。
小生の住む町の最大のお祭りである。
今年は台風が直撃してお祭りなんてできっこないと数日前には思っていたが、昨日の午後には間違いなく挙行されると思った。
4時半過ぎ海に行くと、もうすごい人である。あちこちの神社からこの海にやって来た神輿とそれを見に来る見物客、警察官、うごめいている。
朝日に神輿が光り、熱気がむんむんである。


例年、神輿の何基かは担ぎ手達が海に入って行くのであるが、今年は台風の去った直後のため、波は大きくうねっていて、危険だ。警官が厳しく見張っていた。
それでも時々子供たちがキャーキャーと歓声をあげて波に向かう。
警官があわてて駆け寄って注意する。
やはり祭りの雰囲気は格別だ。


町中の神社の神輿が海岸に到着して乱舞し、最高潮になる。
しんがりの神社はいつも同じだが、この神社の子供神輿を担ぐために子供たちも朝の2時ごろには起こされて準備する。
小生の息子はそれができないので神輿は担がないが、祭りの会場に行くと、はっぴを着た子供たちが小生の息子の名前を呼んで手を振る。
息子も手を振り返す。
この町では子供のときからこの祭りに親しみを覚えるようだ。


そしてすべての神輿が海岸について並んだ後に、神事が行われる。
それは狂乱していた神輿の担ぎ手達を急に厳かな雰囲気にさせるようだ。
朝の7時ごろ神事が始まる。
早朝の騒々しい世界がようやく静かになるのである。
海岸の国道134号線はすごい渋滞だ。
毎年のことであるが、この朝は決して嫌いではない。


2007.07.16 Mon
朝3時ごろから鳴り物と喚声で時々眼が覚める。
4時半頃になって騒がしさは大きくなる。ベッドから飛び起き、カーテンを開けると、台風一過、久々に青い空が見える。
海に行ってみるか、しかし、今日は小生の町の最大のお祭りだ。
海も大混雑に違いない。
まあよい。



海に行く途中でもう道に人があふれて神輿が数珠繋ぎだ。
海岸に出ると、雲が覆いながら江ノ島が見える。
その手前、小生がいつも富士山を撮影しているあたりは大群衆だ。
5時前というのにこんなに人が海に出るのもこの祭りの日だけだ。



海は台風の影響が未だ止まず、大いにうねって大波だ。
東の展望はいいが、西は雲が多く、富士山は全く見えなかった。
しかし、箱根の山はくっきりときれいに浮かび上がっていて久々に美しい。
その前を大きな波が繰り返しやってくる。
迫力がある。



南の方向も見通しは良い。
伊豆の大島が見える。
台風の波は今日いっぱい続きそうだ。



2007.07.15 Sun
昨日から台風4号の影響で雨が止むことなく降り続いた。
特に今朝は時折雨がザーザーと音をたてていた。
とにかくテレビをつけて天気予報を聞いていた。
朝の8時ごろまでは午後3時過ぎ頃から暴風域に入るということで、雨だけでなく風も強くなるのだと覚悟をしていた。
10時過ぎ頃からは徐々に風が出てきた。
さあ、いよいよかと思っていたら、意外にもそれから先は風はおとなしい、おまけに雨も小降りになり出す。
本当に台風は近づいているのか、予報と実際が違ってくる。
そして、夕方6時ごろには雨も上がり、ずいぶん明るくなりだした。
6時半ごろには、とうとう東の空に青空が見え始めた。すごい流れの速い雲がその上を通り過ぎる。台風は去ったようだ。
ということで、神奈川県の湘南地帯はそれほど大きな被害もなかったようだ。
よかったよかった。


2007.07.13 Fri
久々に休暇を取った。
今日休んでいるということは実質4連休だ。
ちょっとしたリフレッシュができる。
そう喜んでいるのであるが、よりによって今日の午後から徐々に雨がひどくなり、明日と明後日はどうも台風の影響があるらしい。
だいたい6月は雨が少なく気持ちよく晴れた日が多かったが、7月になってすっきりと晴れた日は一日たりともない。しかし、一日中雨が降り続くようなこともなく、どんよりとした灰色の空と高い湿度で気持ちが塞ぐ日が多い。
きょうも灰色の世界だ。
雨に打たれて花も何となく元気がない。
こうなると梅雨明けがいつか気になってくる。
それはとにかく、4連休はゆっくりと過ごそう。


2007.07.08 Sun
最近ようやく梅雨らしい鬱陶しい天気となってきた。
毎日晴れていると、空梅雨かと感じ、水不足が起きないだろうかなどと心配し、雨が降ればいいのにと思うが、数日続けてどんより空で青空が見えなくなるとそれはそれで早く夏よ来い、と感じるのだから小生も身勝手なものである。
それでもこんな曇り空の海岸でも盛りの花がある。
ハマユウだ。少し前までハマヒルガオが咲いていたが、もうすっかりと姿は消え去り、ハマユウに交代してしまった。
この花、海岸に咲く花としては大きく白く豪華だ。
小生の散歩する海岸のサイクリングロードにはところどころハマユウが存在感を示しながら咲いている。
この花もやはり青い空と海が似合っていると思う。
でも梅雨が明けるころにはそろそろ終わりという感じになる。
この花を見ようとすると多少の雨でも海岸に行かないといけない。


2007.07.07 Sat
なんとも冴えない天気だ。
いつ降り出してもおかしくない暗くて湿気の多い朝だ。
今日は海開きの日であるが、とても海に行く気がしない。
そんな落ち込むような天気ではあるが、今日は07年07月07日、7が3つも並んでいる。
一昔前なら、電車の記念乗車券などが発売されるような日だ。
最近はSuicaを使っているから切符など買ったこともないが、ほんの少し前までは切符を買っていたから信じられない変化だ。
すっきりとした晴れならばこの記念すべき日に海開きで盛大なイベントができただろう。

そういえば昨日、会社からの帰り、電車で駅に降りると浴衣を来た女性がやたらと多かった。それを見て、思い出した。隣町の平塚は七夕祭りの最中だ。このお祭りは神奈川県では誰でもが知っている有名なお祭りだ。きっと今日は7が3つ並ぶので何か企画があるかもしれない。興味はあるが、驚くほど人ごみなのであまり積極的に行く気にはなれない。

あれこれ考えるだけで何もする気になれない今朝、小生宅ではフウセンカズラが咲いていた。昨年あのハート型の種を作った小さな花、今年も咲いてくれた。
見ていると少し明るい気持ちになった。


2007.07.01 Sun
小生のところでは、鉢植えでタイムやオレガノ、ローズマリーといった香草を育てているのであるが、夏になるとプランターでトマトなどを作って楽しんでいる。
今年はそのプランターでトマトとともに、ゴーヤを植えた。
芽が出てきて葉っぱが大きくなり蔓がくるくる巻き付くようになってくると、元気がなくなってしんなりとしている。
葉っぱが虫に食われていた。葉っぱは苦くないのか?
育てるのが難しいのかもしれない。そんなことを思ってたりしたのであるが、今朝見ると花が咲いている。
取り立てて美しいとか変わった花というものではない。
見るからに野菜の花である。へちまやきゅうりと似ている。
だからこれから先、ゴーヤになる過程は想像がつく。


出来上がった実がどんな味がするのかが興味ある。
家庭のプランターで、特に水やり以外に何もしていない環境で結ぶ実は農家で商品として育てたものと違って当たり前のはず。
きっと100倍くらい苦いのではないかなどと想像する。
そんなことを考えながら、ゴーヤの育ち具合を見ていると、ゴーヤの実がなっているのを発見した。
見ると驚くほど小さい。せいぜい6cmほどだ。これがどんどん大きくなるのか、それともこれ以上大きくならないのか。興味はわく。

昨年、石垣島で食べたゴーヤチャンプル、泡盛と一緒に食べると驚くほど美味しかった。あのゴーヤを思い出す。


Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。