FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2007.06.16 Sat
小生は水曜日から金曜日まで出張だった。
この出張の間に関東は梅雨入りをした。
それは木曜日のことだった。そして翌日の金曜日は既に雨が上がって晴れ始めた。
朝、ホテルでテレビを見ていると天気予報と共に江ノ島からの映像が出ている。
湘南海岸が映し出され、その奥に富士山が見えている。周りは雲が重なりその中からくっきりと出ている富士山、すごくきれいだった。
テレビを見ながら悔しくなってきた。
そして金曜日の夜帰宅すると妻が今年最もきれいな富士山だったかもしれないと言う。
またまた悔しい。
そんな思いから今朝は海岸に行こうと思った。
日の出前とはいえ、起きて外を見ると、雲はどこかに消えて快晴だ。
早速海岸に行くと富士山がくっきりと見えている。
かなり雪は少なくなっているが美しい。
日の出前の赤く染まる雪が富士山を立体的にしている。



漁港の後の波打ち際まで行っている途中で太陽が出てきた。
見る見る表情を変える。

しかし、昨日の雲が織り成す中からくっきりと見える富士山のほうが感動が大きかったのだろうと、想像し、こんなきれいな富士山を見ながらもまたまた悔しい思いをした。

よくよく考えると小生は相当富士山が好きなようだ。


スポンサーサイト



2007.06.16 Sat
本当に久々に日の出の少し前から海に出た。
梅雨入りの宣言からわずか二日、驚くほどの快晴だ。
澄んだ空気と青い空、当然のように富士山が出ていた。
富士山を見たのもこれまた久々だ。
雪はずいぶん減った。
立体感があって非常にきれいだ。


日の出は今の季節は湘南海岸では海から太陽が現れない。
街中から出てくるので、少し残念。
漁港の舟に朝日が当たり、真っ赤に染まる。
おくには江ノ島が見える。



そして、海水浴場はいつの間にか海の家の組み立てが始まっているようだ。
砂浜に資材がいっぱい置かれ、骨組みのものから、ほぼ完成したものまである。
よく考えれば二週間もすれば海開きになるのだから当然か。
これから二ヶ月ほどは海岸が最も賑わう季節である。


さらに1ヵ月近くも海に行かないとびっくりすることも多い。
海水浴場の真正面に立つこの建物は何だ。
実は新たにできた結婚式場なのだ。
夏オープンと宣伝していたから、そろそろ出来上がって当然なのだが、いきなりできたようで驚く。
それにしても真正面は海水浴場で砂浜、そんなところで結婚式をするような酔狂者がいるのだろうか。
様々な変化を楽しんだ夜明けだった。


Template by まるぼろらいと