FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2007.05.27 Sun
梅雨の季節が近づいてきた。
その直前の今頃が丹沢は一年で最も美しいのではと思う。
この季節丹沢ではツツジが見事だ。
ツツジと言っても園芸用の背の低いツツジとは全く違う。
実はツツジは大きな木なのである。
巨木であるツツジでも丹沢を華やかにさせるのはトウゴクミツバツツジとシロヤシオだ。

小生は昨日、檜洞丸というシロヤシオの群れる山に行ってきた。
見事なシロヤシオがいっぱい咲いている中を歩くのは実に楽しい。
足元にバイケイソウやマルバダケフキといった大きな葉っぱが育つ中、ブナの木々の合間に真っ白に見える木がある。
シロヤシオだ。


昨日は山頂近くはまだ蕾であったが、少し下ったところでは今が満開。
白い花がぶら下がったように咲いている。
見事だ。



そして、近寄ってみると、純白の花びらの中に黄緑色の斑点がある花弁が1枚だけある。葉っぱは縁がすくし赤くなり、5枚の葉っぱが円形に並ぶ。
この5枚の葉っぱが特徴のため、ゴヨウ(五葉)ツツジともいうらしい。
薄日がさす中、白の花と新緑の葉っぱが反射する光の影響で写真はすこぶる難しい。
残念ながら、自慢できるものは一枚も撮れなかったが、実物を楽しめて十分満足だ。
来週はまだ大丈夫。
でもそれでことしは終わりだろう。
また来年行きますよ。


スポンサーサイト



Template by まるぼろらいと