FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2007.05.13 Sun
先日、スパーで買い物をしてレジで並んでいたら、前にいる3人組がレジにいる店員にしきりに中国語で何か言っている。レジの人は言葉が分からないので途方にくれている。それでもしきりになにやら中国語で言っている。そこだけ列が長くなってしまい、並んでも次から次へと後の人は別のレジに行く。そんなことお構いなく通じない言葉で何やら言っている。こういうのを見ると、中国人のマナーなどがほめられるわけがないと思ってしまうのである。そんな最近の出来事が頭に残っていたのであるが、今日の朝刊を見ると、ディズニーランドそっくりの国営の遊園地があるらしい。そこにはディズニーだけでなくポケモン、ドラえもんなどもあり、パレードも行うらしい。著作権も何もあったものではない。しかも国営の遊園地だ。
さらにその横の記事では、マンション開発が進む北京の地区で立ち退き拒否をする住民の家に武装の地上げ集団が夜中に来て、寝ていた住民をたたき起こし、棍棒で殴打して外に出し、フォークリフトで住宅を破壊しつくしたそうである。住民は110番したが、わずか500mしか離れていない派出所から警察が来るのに40分もかかるらしい。
こんな国で育ったわけだから、日本に来てもなんでも平気でやってしまうのだろう。


2007.05.13 Sun
今朝は寝坊をした。
目覚めたら日の出の時刻を過ぎていた。
窓を開けて外を見るとずいぶん曇っている。
太陽の光など全然ない。ということは日の出はなかったのだと思った。
そして外に出て少し景色を見てみると、富士山だけがなぜか光が当たっていて見えている。あたり一面曇り空で富士山だけが照らされている光景は美しいと言うか不気味と言うか、どきりとする。あわててカメラを持ち出して撮った。
海まで行っている間にこの光が消える可能性もあると思い、海までは行かなかった。
昨日、あんなに気持ちよい天気だったのに、天気の変化は早い。


2007.05.12 Sat
家でごろごろとしながら新聞などを読んでいると、海風に乗って音楽が聞こえてくる。
そうか、今日は湘南祭か。
小生の住む町では毎年GWにこのお祭りが海水浴場で開催される。今年はなぜか今日と明日なのである。
毎年、砂浜のステージで音楽とフラのダンス、そして屋台やフリマが並ぶ。さらにビーチサッカーやアウトリガーカヌー、ウインドサーフィンなどの競技などが行われるというわけだ。
子どもが行こうと言うので、一緒に行った。
もうすごい賑わいで、日の出の頃にここらあたりでは数人の人しかいなかったと思うとうそのようである。
ステージでは、強面のサングラスをかけた外人が似合わないほどの高音でハワイアンを歌っていた。
このハワイアンという田舎風の歌が妙にこの漁村には似合う。


そしてステージで司会をしているのは、ずば抜けたデブ、あれれ、コニちゃんだ。
そう、元大関小錦ことKONISHIKIが元気よくしゃべっている。
有名人とあらば写真をと思うが、小型のデジカメを持ち歩いていた程度なのでうまく写せない。とりあえず一番近寄ってズームにして何とか撮った。



そんなステージを他所に、さらに海に近いところでは、子ども達がビーサンを飛ばす競技をやっていた。
どういうわけか遠くににビーサンの形をした表示があり、子ども達が足を蹴上げてビーサンを飛ばす位置から27mも離れているらしい。これが世界記録ということだ。それに向かって子ども達は元気よく飛ばす。でもせいぜい5~6m。なかなか楽しい。
午後になったらカヌーでえぼし岩を往復する競技もあるらしい。
日焼けをし、ばてたので午前中で引き上げてきた。


2007.05.12 Sat
今朝は散歩が気持ちよかった。
気温が意外に低くひんやりとしていたが、澄んだ空気が何ともよい。
海岸に出ると、太陽が昇ってくるあたりにだけ雲がある。
しかし、その雲も日の出を妨げるようなことはなさそうだ。
不思議な形をしたくもが上下に連なっている。そこへ、飛行機が飛んでいったようでその航跡が光の帯となって明るく輝いた。
日の出3分前のことである。


そして、雲の中から太陽が姿を現した。
雲があるにもかかわらず眩しいくらいだ。
カメラのレンズを広角側にして右に江ノ島が見えるようにしてワンショット。
こうしてみると太陽の出てきたところだけに雲があることがよく分かる。
さわやかな、いやいや、すがすがしい朝であった。
余談であり、つまらないことであるが、文学的には爽やかという表現は秋に用いるらしい。今の季節は清清しいというのがよいということである。もう大昔になるが小生が結婚して間もない時に妻にそう言われて妙に感心したので記憶に残っている。
そんなわけで、今日は清清しいのである。



西の方向にはやはり富士山が見えていた。
少し霞んでいたが、太陽の光に当たってきれいだ。
もう、下のほうは雪がない。
全身真っ白な富士山と言うよりもむしろよく絵に出てくるような富士山になってきた。
今日は、海水浴場で「湘南祭」というお祭りがある。
暇だったら小生も行ってみようと思う。


2007.05.08 Tue
これからしばらくは日の出が5時前だ。
したがって小生も通勤前に日の出を見ることができて嬉しい。
今日はすごい天気だ。
休日ならば早速海に行って日の出の写真を撮るところだ。
しかし、平日ともなれば通勤の準備の合間に写真を撮る程度。
何枚か撮ってみたら、この写真が面白い。
カメラを広角にして少し上を向けて撮っただけなのに、高層ビルからの日の出のように見える。
日の出だからこそそのような効果が出ているのかもしれない。
面白いものだ。


2007.05.07 Mon
とあるところからビールをもらった。
発泡酒じゃない。
ビールだ。でも非売品でどこの酒屋に行っても売っていない。
早速冷やして飲む。
ううーん、これはおいしいぞ。
数日前に買ってきて飲んだ同じアサヒの醍醐味というビールとは違う。
しかし、スーパードライとも全く違う。
香りがあって、味わいがある。
このビールなら小生がいつも飲んでいるサントリーのザ・プレミアムモルツに対抗できるのに。発売すればいいのに。
そんなことを思いながらどこにも売っていないビールを飲み干した。


2007.05.06 Sun
この連休中に何度か海岸を歩いていて気づいたのが、ハマヒルガオだ。
突然大きくなったように思えるほど湘南海岸のあちこちで咲き始めた。
砂浜を這うようにして育ち、ピンク色の花がいっぱい咲いている。
グレーの砂浜をピンク色にしていてそれなりにかわいらしい。
それにしても、栄養もあまりなさそうで、しかも塩分を含んでいそうな砂の中に根を下ろしてよくも育つものだと感心する。
風が強い時などはすべてが砂に埋まってしまうのではないかとも思う。
そんな過酷な場所を好む花は、逆に栄養豊かな家庭の庭を好むことはないのかもしれない。
ハマヒルガオを育てているようなお宅を小生は知らない。


2007.05.06 Sun
今朝は予報どおり雨だ。
GW最後は家でゆっくりと過ごしなさいということか。
小生は久々に朝からジャズのCDを取り出して聞きながらPCのキーボードを叩いている。
明日からまたまた仕事が始まると思うともう既に憂鬱だ。
さらにこうしてブログを更新するのもほとんど土日になってしまう。

今日一日、どうしましょう。

昨日、咲いていたバラの花をクローズアップ、こういうのを見て少しでも憂鬱を軽減しよう。


2007.05.05 Sat
GWも残念ながら残り二日だ。
天気予報だと天気も下り坂だということであったが、今朝はまだ晴れている。
日の出前に例のように海岸に出ると、風が強いが波はそれほど大きくない。
人もいなくて静かだ。
そして遠景は昨日よりもさらに霞んでおり、薄いグレーのモノトーンの世界であった。
そこにはっきりとしない太陽が出てきた。
輝きもない赤い太陽だ。
青い空で眩しい太陽であると海面に光の道ができるのであるが、それするできない弱い光だ。



しばらく見ているとようやく光が強くなってきた。
それでも海面を照らすような光ではない。
砂浜で熱心に準備体操をしていた一人のサーファーが海に入っていった。
明るい太陽が海面に光を当てる世界だとサーファーも映えるのであるが。
やはり天気は下り坂なのかもしれない。


2007.05.04 Fri
小生の趣味の山の道具が揃っていることと夕食の食材を買うこともあって、市内の大型スーパーに妻と共に久々に行った。
肉売り場のすぐ横に山のように詰まれた緑色の缶が目に付く。
近寄るとビールだ。
しかもアサヒ。新製品だ。発泡酒じゃないよなと確認をするがやはりビールだ。
こんなのが出たのだ、と早速新し物好きの心が動き買ってみた。
帰宅後冷蔵庫に入れて冷やして飲む。
口に含むと、何とも飲みやすいビールだ。しかし、まったくスーパードライとは違う路線だ。少し前に出たキリンの新製品といい、最近はキレなんて言葉は当てはまらないビールがはやりのようだ。
それにしてもこのビール、「醍醐味」とはよくもネーミングしたものだ。
そこまでの自信作なのと名前に不満を持ちながら飲んだ。


Template by まるぼろらいと