FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2007.04.07 Sat
この時季、つまり桜が終わりかけた頃にどうしても桃の花見に行きたくなる。
毎年のことであるが、今年も山梨の一宮の桃畑を散策しながらの花見を楽しんできた。
甲府盆地がピンク色に染まるこの季節は本当に桃の花が美しい。
天気予報よりもよく晴れて、まだまだ白い南アルプスもよく見えた。
桃農家ののどかな家と桃の花が暖かな春の雰囲気を感じさせる。
桃のピンク色の花が連なる先に南アルプスの主峰北岳が見える。



それにしてもこれだけの桃の花がいっせいに咲いた後に受粉をさせて、夏にはあのおいしい桃ができる。
夏に冷やした桃を食べるのもいい。
桃は桜と違って年に2度楽しませてくれるわけだ。
ようやく暖かくなってきた頃に淡いピンク色の桜を楽しみ、十分暖かくなった頃に濃いピンク色の桃を楽しむ。
これが毎年の行事になってしまった。


3枚目の写真は山梨県の春の象徴かな。
桃の花と戦国時代の最強軍団武田家の軍旗「風林火山」、そしてバックに南アルプスの3000m峰北岳、間ノ岳、農鳥岳と連なる白根三山。
いいお花見だった。


スポンサーサイト



Template by まるぼろらいと