未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.30 Mon
今朝もほとんど雲のない快晴の空だった。
気温が昨日よりも少し高い程度だ。
海岸に出ると、昨日の夕方がうそのように静かな海になっていた。
そして、まもなく太陽が出てくる時刻に海面が真っ赤になった。
非常に印象的な色だった。
思わず海面だけを写真にしてみた。
しかし、PC上では色がうまく再現できないみたいだ。
人間の目は後になって思い込みと感動の色フィルターが入るのか、もっと赤い感じがする。


まもなく太陽が現れ、海面に光の道筋ができると、海の色は変わってしまった。
逆に空の色が明るくなり一日の始まり告げる光があたりを照らす。
今日もいい一日になりそうだ。


スポンサーサイト
2007.04.29 Sun
いやー、久々に一日中快晴であった。
程よい気温と眩しい太陽と青い空。
4月になってほとんど会うことができなかった。
朝からよく見えていた富士山は日中に一旦は見えなくなったが、夕方になって再び見え出した。
6時ごろ、西の空がオレンジ色になり出した。
日没と富士山を見ようと再び海に行った。
太陽は富士山からずいぶんと離れてしまったが、オレンジ色の空とシルエットの富士山が非常に美しい。




6時15分ごろには太陽は完全に沈んでしまったが、残照が海をオレンジ色にしていた。
さらに15分たった頃、海の色に赤みはなくなり、夜の深い色になろうとしていた。
しかし、空はまだオレンジ色が残る、
富士山はくっきりとシルエットで見える。
毎日こんな日没が見られたらいいのであるが。


2007.04.29 Sun
GWはやっぱりこうでなくちゃー、と言いたくなるほど最高の天気だ。
日没前から既に東の空はきれいなグラデーションがかかり、雲が見えない。
物好きにも5時前から海岸に行く。
雲がなく快晴であるが、遠くがくっきりと見えるような空気の澄んだ状況ではない。
これは春だから致し方がないか。
太陽が昇ってきた。
夏は海岸から太陽が上がってくることはないが、久々の真っ赤な太陽がすばらしい。


そして太陽の昇ってくる場所から体を少し右に向けると江ノ島が見える。
やはりくっきりとはしておらず、少し霞んでいるようだ。
オレンジ色の空に墨絵のような島がいい雰囲気を出している。


そして、反対の方を見ると富士山が見えている。
昨日の夕方から見え始めた富士山は今日もよく見えている。
やや霞んでいるが、山頂近くが太陽に照らされている。
まだ5時頃では釣り船も出ておらず、漁港に停泊している。
まもなく沖に出て行くのだろう。
今日は最高の一日だ。


2007.04.28 Sat
GWの初日、小生はいつもの山仲間と蓼科山に登る予定だった。
中央道の渋滞を避けるため早朝から車に乗って出かけた。
しかし、山梨に入ってからはいかにも降りそうな天気だ。
携帯で周辺や山の天気予報を見てもよくない。
遡行しているうちに雨が降り出した。予想よりも早い。
強くなってきてあっと言う間に路面が濡れる。
すっかりと萎えてしまった。
そしてきれいさっぱりと諦めて、何と温泉に朝からつかってくつろぐ。
そしてそのまま引き返してきた。
帰り道も時折雨が降る。そんな天気であったため後悔はなかった。
家についても雲は黒く、雨もパラパラ降ったりする。
しかし、4時ごろから西の空が赤くなってきた。
そして5時ごろには何と富士山も見えてくる。
今日一日を思い出して悔しくなってきた。
せめて富士山を見ようと海に行った。
気だるい富士山でも見えると嬉しい。


そして家に戻ってしばらくして急に西の空が真っ赤になる。
外に出ると日没の太陽が出ているではないか。
富士山と日没の太陽と真っ赤な夕焼けの下に平塚のマンションやビルが見える。
明日はきっと晴れだ。



2007.04.27 Fri
久々に気持ちよい朝を迎えた。
気温は低いがやはり気持ちよい。
週末ならば海に行ってみていただろう。
出勤前に望遠レンズをつけて撮影、あわただしい朝だった。
それにしても5時前に太陽が昇る季節になってきた。
抜ける朝空ではなく雲もうっすらとかかっている。
それが独特の模様になってまたきれいだ。


2007.04.22 Sun
早朝は降ったり止んだりの雨模様の天気であったが、その後は雨が上がり日差しも出てきた。
朝の散歩は雨で中止をしたので、少し体を動かすためにも夕方に海岸に行った。
するととんでもなく強い南西の風が吹いている。乾いた細かい砂が顔に当たって痛いようなかゆいような気持ち悪さだ。
この強風によって当然のように波が高くなり、沖のほうでも白い波しぶきが上がっているのがよく分かる。
この波に当然のように喜ぶのはサーファーだ。
かなりの人が大きな波を待ってぷかぷか浮いている。
こんな風の強い時によくやるよなあー、なんて思うのはサーフィンなどしない小生のような中年のおっさんだけかも知れない。


少し沖を見るとウインドサーフィンを楽しんでいる人もいる。
あれはものすごいスピードである。
じっと見ていると車と同じような速度ではないかと思うほどだ。
沖でウインドを楽しみ、波打ち際近くで大波を待ってぷかぷか浮かぶサーフィン。
結構面白い風景だ。


2007.04.22 Sun
昨日と同様、強い南風とそれがもたらす暖かさ。
今日はさらに時折雨が降って来る。
小生は今朝、海岸に行こうと外に出たら突然雨が降って来たのであわてて家に戻った。しかし、急に雨が上がり薄日が射してきた。
だから、またまた外に行こうとしたら弱い雨が降り出した。
さらに7時ごろには雨も風もおさまったので、今だとばかりに市長と市議の選挙に行った。
帰ってきたら再び雨だ。
めまぐるしい。
それでも外に出ると暖かだ。
いつの間にかツツジが咲き始めている。
そしてフジの花もそろそろ勢いが出てきた。
どちらもこれからがピーク。
街がカラフルになってきた。



2007.04.21 Sat
今週前半は寒かった。
とにかく冬物衣類をしまいこんだので、コートもなく駅で電車を待っていると骨まで冷たくなるような感覚だった。
ようやく昨日になって暖かくなり、今日もその暖かさを維持している。
しかし、強い南風だ。
こんな時は海の匂いが厳しい。
海岸に行くと確かに波がゴーゴーと激しい音をたてていた。


妃のでは冴えず、太陽もはっきりと見えないが、徐々に明るくなり、空がオレンジ色になってくる。
くっきりとした太陽が出てこないのがこの季節の特徴だ。


2007.04.15 Sun
最近はスッキリと晴れた青空の日が少ない。
特に朝は薄い雲がかかったような見通しがよくない空だ。
春霞なのか黄砂なのか。
今朝もそんな空だ。
いつものように朝の海岸散歩に行く。
曇っているわけではないが、きれいに晴れているわけでもない。
太陽が昇ってくるのを待っていたが、いつ出たのかよく分からなかった。
結局、雲に覆われたようなぼんやりとした光が出ただけだった。


西の空を見ると、意外にも富士山がよく見えている。
小生は富士山を見るのは久々だ。
まだまだ雪がたっぷりとある。
波はそれほど大きくないがそこそこあるので早朝にもかかわらずサーファーが既に海に入っている。
今日はこれから海は賑わいそうだ。


2007.04.14 Sat
すっかり春になって、もう朝夕も寒くなくなった。
こんな陽気になると、目的がなくても外に出たくなる。
観光地や公園もいいが、静かな藪の中も楽しいものだ。
木々の陰になり少しひんやりとしたところを歩くと鳥の声も色々聞こえて癒される。
そんな木漏れ日の中、少し湿った場所にひっそりとシャガが咲いている。
アヤメ科とは言え、アヤメのような豪華な感じはしないが、花に独特の模様があり、薄暗い中で明るさを感じる。


そして、このようなわずかな光の射すところには、紫色の花が多そうだ。
ケマンソウ、ヒメオドリコソウなど雑草と同じように生えているが、よく見るとかわいらしい。
そしてシャガの少し先に咲いていたカキドオシも紫色の花だ。
カメラのマクロで近寄ると花びらの模様も独特だ。

決して豪華ではないが色と模様を誇っている花がひっそり咲いている藪にも行こう。


Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。