FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2007.01.27 Sat
日の出の頃は波のない静かな海であった。
しかし、その後急に南風が出てきた。
これは春の風だ。
暖かな一日だった。
夕方はその風と温かさを引きずっていた。
日没直前の海は波があって夕日が水面に反射してきれいだった。
潮風もこの気温だと心地よい。


そしていよいよ太陽が箱根の山に落ちて行くとき、太陽の周辺がいっそう赤くなり、海面は暗くなり始める。
こうして徐々に海は暗黒の夜になっていく。

この明るさの違いも好きである。


太陽が沈んでおよそ5分後、朝は見えなかった富士山がシルエットであるが姿をはっきりとさせてきた。
今日の富士山はくっきりと見ず霞んでいたが、長い時間姿を見せていた。

一年でもっとも寒いころだと言うのに・・・。
本当に春のような天気であった。


スポンサーサイト



2007.01.27 Sat
昨日の夜の突然の雨は驚いた。
かなり強い雨が降り続いた。
先週に続いて今週末も天気はよくないのかと思っていたら、それは違った。
気持ちよい星空だ。
6時半ごろ周囲がかなり明るくなってきたので海へ行く。
雨上がりの早朝の匂いは実に気持ちよい。
海岸に出ると波はなく引き潮のようで静かだ。
サーファーはほとんどいない。
日が昇る5分ほど前の景色が美しいかった。青空と赤い雲が何とも言えない色彩を醸し出している。


遠景がはっきりとしなかったためか、太陽もぼんやりとした輝きのあまりない状態で現れた。
江ノ島でさえぼんやりとしているのだからこの程度の太陽の輝きが美しいかもしれない。
しかし、この程度の輝きでも雲の色はずいぶんと変化し、オレンジ色に変わった。


徐々に上へと昇って行く太陽は、次第に眩しい光を出してきている。
今日も穏やかで暖かな一日になりそうだ。


Template by まるぼろらいと