FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2007.01.07 Sun
今日は快晴だったが、一日中風が強かった。
こんな風が強いと波が荒れて、普段にぎわう漁港での釣り船も沖に出ることなくしっかりと停泊していた。
しかし、波が大きくなるといたたまれないのがサーファーらしい。
夕方になって再び海岸に行ってみると、日没まで30分程度しかないのに、いるわいるわ。この波をたっぷりと満喫しようとしているのか上がる気配がない。


そんな賑わいを見ていると、太陽がどんどんと落ちてきて、いよいよ日没。
箱根連山の左側(南西)に太陽が沈んでいく。
日の出と違って、眩しい光のまま沈んでいく。波が荒れて波しぶきが沖で太陽の光に反射して白い噴煙を上げているように光るのが面白い。


その太陽の沈む方向から体を少し右に向けると富士山が見える。
今日は、一日姿を見せていたが、結局雲が取れることはなく、全体を見ることはなかった。
左の尖がった山は箱根の金時山だ。

富士山は明日を期待しよう。


スポンサーサイト



2007.01.07 Sun
昨日は鬱陶しかった。
土曜日なのに久々の出勤、おまけに途中で外出。
強く冷たい雨にさらされてぶるぶると震えながら外を歩いた。
夜になって雨が止んだら、今度は強い風が吹き始めた。
この風が今朝も残ったままだ。
気温はそれほど低くないが風が強いので顔や耳が痛い。
海は荒れて波がものすごい勢いで押し寄せてくる。
晴れているのに東の水平線だけに黒い雲が横たわっている。
この雲を突き抜けるようにして日の出時刻より10分も後に太陽が現れた。
まぶしい太陽だ。
とたんに波が光りだす。
寒いがこの光と色が大好きだから我慢だ。


西側はと言うと、富士山には雲がまとわりついている。
あの雲が取れたらきれいな真っ白な富士山が見えるはずなのに、と少し残念。
それにしても強風で波が次々に砕けて、白い泡になっている。

今日は強風の一日なのだろうか。


Template by まるぼろらいと