FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2006.12.29 Fri
今日は富士山がほぼ一日中見えた。
ほぼ、と言ったのは、日の出の時刻の時には全体が見えていなかったからだ。
しかし、9時ごろからは完全に姿を現してくれた。
そこで、今日は一日3回の富士山を写真にした。
最初は日の出の時刻の写真
雲に隠れてよく分からない。


次は朝の10時半ごろ
住んだ青空に白い雪を被った絵のような富士山だ。


そして3枚目は日没直前。
これからわずか数分で太陽は沈んでしまった。
半逆光での富士山だ。

どの時刻に見ても美しいと改めて思う。


スポンサーサイト



2006.12.29 Fri
湘南海岸に沿うように走っている道路が国道134号線だ。
別名サーファーズライン、などと呼ばれたりしているようである。
この国道、夏は本当に朝から夜まで大渋滞のとんでもない道であった。茅ヶ崎の駅を降りて海水浴場を目指す。歩いたら結構大変で25分程度はかかるであろう。自転車なら10分もあれば十分だ。この海水浴場に行くためにバスに乗ると、シーズン中ならば歩くよりも時間がかかることは珍しくもなんともないことだった。要するに使えない道だった。
ところが最近どうも様子が変だ。渋滞が少ない。数年かけて江ノ島から茅ヶ崎一帯をすべて片側2車線化した。このおかげかどうかよく分からないが、渋滞がなくなったのである。そうなると気持ちのいい道だ。藤沢あたりに買い物に行っても行きも帰りもまずは134号線を使うと早い。
小生も最近は何年も使わなかったこの国道をよく使うようになった。
走っていると実に気持ちがいい。海が見える。富士山が見える。明るい国道だ。
買い物のついでにちょっと立ち寄ってこのスイスイ道の歩道橋から富士山を撮った。
左の防砂林のすぐ横は砂浜である。


2006.12.29 Fri
昨日が仕事納めだった。
12月は忙しかったが、終わるとうれしいものだ。
今日からは一週間冬休みだ。
昨日、一昨日と気温が高く二ヶ月ほど逆戻りしたような感じだったが、今日は冬に戻った。暖かさに少しなれた状態でこの冬への戻りは厳しい。
海岸の散歩の寒いこと。おまけに日の出はなく、太陽の上ってくる位置には大きな雲があった。
漁港では釣り船がこれから出ようとしている。
江ノ島はまだまだ黒い塊のようだ。


反対方向はというと富士山の斜面がわずかに見えていたが、やはり雲に覆われている。
南の方に目をやると、こちらも水平線は雲が多いのであるが、晴れている。
今日は伊豆の大島が妙にでかく見える。
それにしても寒そうな海だ。
サーファーもあまりいなかった。
明々後日の元旦は初日の出が見られますように。


Template by まるぼろらいと