FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2006.11.06 Mon
もうとっくに収穫が終わった田んぼのあぜに黄色く目立つところがあった。
近づくと、菊が植えられている。
もちろん菊花展に出るような大輪の豪華な花ではない。
けれども密集して咲いていると豪華に見えるのである。
そう言えば、このあたりのあぜには少し前までヒガンバナが咲いていた。
あの時は菊があるなんてことは全く分からなかったのであるが、今になれば逆にヒガンバナはどうしたのかと思うほど跡形もない。
あぜは急速に変化する。


2006.11.05 Sun
静かな海にきれいな太陽が沈んでいった。
今日の日の入りは、昨日とは違い雲が湧き出すこともない穏やかな日没であった。
波の音とカモメの鳴く声が聞こえる。
そして、今日も多くの人がこの時間に海にいた。
日の入りを見る人、犬と散歩する人、釣りをする人。波がほとんどないためサーファーは少なかった。
青から紫、そして赤色と移る空の色は何とも美しい。


漁港に行き、太陽と反対の方向を振り向くと、朝は全く見えなかった江ノ島もくっきりと見えていた。
今日は気温の上昇と共に雲が少なくなり、霞んでいた景色も見えるようになったらしい。



日の沈むのは早い。
すぐに見えなくなってあたりが薄暗くなったので帰宅。
家の前で大きな満月が出ていることが分かった。
少し高いところからこの大きな満月を撮った。
今日は夜も月明かりで明るいことであろう。


2006.11.05 Sun
晴れているようで晴れていないようで。
風があるのに波は静か。
今朝の海はそうであった。
きれいな日の出を見るために海岸に行ったものの、東の水平線にある黒い雲で太陽は日の出の時刻を30分過ぎても出てこなかった。
写真は日の出から10分ほど経った6時20分頃。
冷たく寂しい海だ。



2006.11.04 Sat
今朝はずいぶん曇っていたので海岸へ行く気もせず、家にこもっていた。
夕方は雲が多いけれども太陽が十分出ていたので海岸散歩へ。
海の上に夕方の太陽の光が反射してきれいな光景であった。
多くの家族やカップルがその景色を見ている。
・・・、しばらくして突然雲が湧いてきた。
そしてわずか数分後、太陽は雲の中に姿を消した。
何となく天気が急変しそうな雰囲気だったので、家に戻った。
家の中に入ったとたん、ポツリポツリと雨が降り出し、それがあっという間に強い雨に変わり、雷が鳴り出した。
すごいタイミングで戻ってきた。
でもぼんやりと眺めていたカップルなんてどうしたであろうか。
海は天気の急変で逃げる場所はない。
ずぶ濡れか。


2006.11.03 Fri
仕事が少々忙しい、休日前に飲み会がある、などで帰宅してからPCに向かう気もあまりしない日々である。
話題も乏しく、写真を撮る気もあまり起こらない。
そう、小生はブログスランプである。
今朝、とっくに日の出の時刻を過ぎているのに地平線に雲が横たわり、太陽が出てこない。しばらくして太陽は雲の上に到達した。
このところ日の出の太陽も見ていなかった。
やはりこれを見ると少しは元気になってきた。


Template by まるぼろらいと