未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.30 Sat
夏風邪というわけでもないであろうが何となく調子が上がらない。
そして天気は曇り。
時々弱い太陽の光が射すが、すぐに雲に覆われる。
とうとう何もせずに一日をごろごろと暮らしてしまった。

買い物に出たときにキリンのチルドビールの4本セットが売られていた。
思わず購入してしまった。
早速の見比べ。
ううん、体調のせいか、すごくいいぞというものがない。
その中で「豊潤」がおいしいか。
その次が少し他と違う苦さのある緑のラベル「ゴールデンホップ」。

ビールも体調を整えて飲むべし。



スポンサーサイト
2006.09.28 Thu
昨日の雨と風が今朝はぴたりとおさまり、雲のない感動的な朝がまたやってきた。
出勤前にこんな朝の景色を見るとやる気の活力も出てくる。
やはり晴れの日は調子がいい。


2006.09.24 Sun
昨日から吹き続いている北風は今朝の明け方まで続いていた。
海に行くとずいぶんと大きな波がドッバーンと音をたてて砕けている。その音を聞くだけでも不気味だ。
ただし、面白いのは北風だから、波が砕けても潮が海側に飛んで、海岸を歩いていても潮が降り注ぎべとべとになるようなことがない。

気温が低く、空気が澄んでいて遠くがよく見えるためか気持ちがよい。

日の出前の江ノ島。
今朝ははっきりと見える。さらにその先の小高い起伏も見えている。



波が多いとサーファーがどんどん出てくる。
日の出の時刻は太陽の光を受けながら、波に乗っているのが実に気持ちよさそうである。
今朝のように波が高いとある程度上手な人たちが目立つようになる。
波が来るのを待って沖の方を皆が見つめている光景は水鳥に見える。



そしてまもなく、これだと思う波が来ると向きを変えて腹ばいになってひたすら両手を漕ぐ。
まもなく波と同期するように立ち上がり、砕ける直前まで体のバランスをとりながらボードの上で踊る。
まあ、快感なんだろう。
朝日を浴びながらのサーフィンも絵になる。


2006.09.24 Sun
台風の影響なのか朝から強い風が吹き続けている。
今朝は空気が澄んで久々に遠くの景色がくっきりと見える。
富士山が全体の姿を現したのも本当に久しぶりだ。

それはそれとして、昨日の新聞を見ていると面白い記事があった。
最近になってまたまた「振り込め詐欺」の被害件数が増え出したらしい。
新手の手口により振り込んでしまうらしい。
その中で際立って被害が少ないのが大阪府だと言う。東京の被害と比べると10分の1程度らしい。
なぜか。
どうも大阪の人は普段からボケとツッコミを楽しんで日常の生活でも取り入れている。だから、振り込め詐欺が電話をしても、ボケが入ったり、つっこまれたりするので犯人の方が諦めたりするらしいのである。
すごいことではないか。
電話がかかると「あんさん、誰だんねん」、「ウチの息子は「オレオレ」ちゅう名前とちゃいますでぇ」
これは東京では決して出ない言葉。
文化の違いが、犯罪を防ぐ。
すごいではないか。


2006.09.22 Fri
今週はまるで定時、定点観察をしているように同じ時刻の同じ場所からの写真を撮った。
快晴の驚くほどの青い空から徐々に天気は崩れ雲が多くなり、今日は南の台風14号のわずかな影響も出たのか曇り空となった。
東の空の一部に雲の抜けた場所があり、そこだけがオレンジ色でそれ以外は灰色の世界である。
こうしてみると、青には感動があるが、灰色には感動がない。
色ってそういうものか?


2006.09.21 Thu
夜明け前の写真を撮って三日目。
今日は今までの二日間とは違って雲の多い空であった。
秋の空は変わりやすい。
三日と持たない。
風もある。
その風に乗ってやって来たのがキンモクセイの匂い。
完全に夏が終わったような気がした。


2006.09.20 Wed
このごろ、日の出が遅くなり、小生が通勤で家を出てから日の出を迎える。
だから、日の出前の空しか眺められないのであるが、昨日も今日もその日の出前がすごくきれいで、頭に焼きつくような色であった。
昨日は深い青色がすごかったのであるが、今朝は地平線のオレンジ色が美しかった。そしてまだ顔を出していない太陽の光が上空の薄い雲に拡散し一直線のスジとなってる様はじっと見ていて飽きない光景であった。
こんな夜明けを毎日見ていると病気にもならないであろう。


2006.09.19 Tue
今朝の日の出前25分ほどの時の写真である。
昨日の強烈な南風は今朝も続いていたが、この風、汚い塵も吹き飛ばしてくれたようで空は驚くほど澄んできれいであった。
地平線はオレンジ色で、空は漆黒の世界から抜けた深い深い青色だ。その青い空に三日月が浮かぶ。
今日の日の出前の空を見た人は皆感動したであろう。


2006.09.18 Mon
今日は朝から昼過ぎにかけて雨が降り、時折激しく叩きつけるような雨であった。
そして南風が強くなり、それに伴って気温がぐんぐん上がり、さらに猛烈な湿度となった。
夕方には青空も見え始めたので、日没前に海に行ってみた。
予想通り、大きな波が絶え間なくやってきて昨日とはまるで違う表情となっていた。
こんな時は当然サーファーが喜んでいるわけであるが、ウインドサーフィンも猛烈なスピードで波に乗っている。
もうすぐ日没なのにあがる気配もない。
相当楽しいのであろう。


こんなに大きな波が絶え間なくやってくるのは、台風13号の影響なのだろうか。
わずか20分程度であったが、海岸にいるとメガネに潮がべっとりとついて曇ってしまい、すぐに帰宅した。



2006.09.18 Mon
小生の9月2日の記事にフウセンカズラの花がいつの間にかフウセンになっていたことを話題にした。

その時、ZAPさんから次のようなコメントをいただいた。

**************************
フウセンカズラ、可愛い袋がいっぱいついておもしろいですよね。
実が熟したら袋の中の種の写真をお待ちしております。はあと!
**************************

昨日、このフウセンが茶色くなっていてその中が風で空から音がするのに気付いた。
これはフウセンの中に種ができているのだと思い、フウセンを取って中を明けてみた。
すると種が3個入っていた。この種は面白い。
ZAPさんの最後の言葉、はあと・・・。
なるほどね。




Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。