FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2006.08.19 Sat
立山~五色ヶ原で咲いていた花たちのご紹介

【イワイチョウ】
今回の山旅ではあちこちで見られた。
雪渓の脇の溶けて水が流れているような場所がお好みのようだ。
花をよく見ると白い花びらのふちがびらびらと波打っている。
これが面白い。


【ミヤマリンドウ】
そんなにあちこちで咲いていたわけではないが、所々で岩の少ない草が生えているような場所で青い色が目に付いた。
それがミヤマリンドウだった。
この周辺ではタテヤマリンドウも咲いていると思ったのであるが見ることはできなかった。
上品な青色が美しい。


【ミヤマダイモンジソウ】
五色ヶ原に到着して最初は気付きもしなかったが。
休憩している最中にたまたま見つけた。
その後よくよく見ると群落ではないもののあちこちに点在していることが分かった。
近寄ってみて初めてこの花の面白さとかわいらしさを知る。
小さな花だ。


スポンサーサイト



2006.08.19 Sat
富士山っていったいどのくらい遠くから見えるのだろうか。
こんな話題は昔からあるようだ。
小生の記憶では和歌山県からも見えるという話だったように思う。
小生が住んでいる神奈川県では大きく立派に見えるのでビュースポットはいくらでもある。しかし、日本海側の富山県ともなると本当に見えるのだろうかと思ってしまう。
けれども見えるのである。
写真は獅子岳山頂、間違いなく富山県である。
地図で測ると直線距離で165km以上ある。天候さえよければそんなに遠くからそれとすぐ分かるのだから驚く。
ちなみに写真の左側奥の山並みは八ヶ岳である。蓼科山と編笠山は見えていないが、天狗岳から権現岳あたりまでの主峰はバッチリと見える。
山頂で遠くの山が見えると何となくうれしい。


2006.08.19 Sat
毎日暑くて寝苦しい。
おまけに起きて窓の外に顔を出すと海からのにおいが立ち込める。
だから窓を閉めてエアコンをかける。
これではいけないと思い、今朝は久々に海岸散歩をした。
上空は青空で快晴なのだが、地平線近辺はぐるりと見渡しても雲が帯のように連なっている。
だから日の出もぼんやりとしたものだった。
写真は日の出2分前だ。こんな空から出る太陽だからじっと見ていないと気付かないほどであった。


西の方向を見ると富士山が見えている。
と言っても本当に山頂部近辺だけが見えていて、下は雲に覆われている。
しばらく砂浜を歩いていたが雲が抜ける様子はないし、上空に雲がかかってくることもない。
今日は日の出から2時間もすれば間違いなく夏の青空になるだろう。
久々に海に行って気づいたのであるが、ゴミが多い。
夏だから海水浴や海岸遊びに来るのは当然だが、ゴミは持ち帰ってほしい。
必ず!!


Template by まるぼろらいと