FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2006.07.23 Sun
信州蓼科の車山はこの季節全山ニッコウキスゲが咲き乱れる。
去年は話によると最高の当たり年だったということで、今年は控えめなのかもしれない。それでも今がピークである。山頂ではやや早いくらいだ。
このニッコウキスゲという花はご本家の日光霧降高原がずいぶんと有名だが、車山も負けていない。
ややオレンジいろがかった黄色の可憐な花で咲き乱れるときれいだ。




全山黄色く見えるのだが写真ではなかなかうまく写せない。
またまたパノラマで撮影してPCでつなぎ合わせることを思いつき、カメラを構えて一枚撮るごとに体を少し振ってまた写すということで3カットほど写した。
帰宅して繋いだパノラマ写真、結構美しくできている。
車山近辺の気持ちよい高原の感じも出ていて面白い。

それにしても車山はニッコウキスゲが終わったら今度は山がピンク色になる。
ヤナギランが咲き乱れるからだ。そうして最後は薄紫色、マツムシソウの出番となる。
だからお盆ごろまでに3回行けば3色の山の色が楽しめる。

大雨による小生のつかんだ情報では、今は諏訪に行くのはよろしくない。そこを避けて蓼科に入るのがよいようである。


スポンサーサイト



2006.07.23 Sun
梅雨明けはもうすぐかと思ったらとんでもない。
あちこちで大雨の被害が出ている。
特に関東に近いところとしては長野県で大きな被害が出ている。
この長野県に夏休みになって家族で出かける予定でいた。しかし行っても意味がないかもしれない。そんな不安もあったが、土曜日は唯一の晴れが期待できるということで蓼科の車山に散策に出かけた。
ビーナスラインはあちこちで崩壊していたがとりあえず片側通行可能で何とか行けた。
夏休みの初日の土曜日の割には人が少ないと思ったがどこでも多くの県外ナンバーの車で駐車場は埋まっていた。
お手軽散策感覚で山頂までいけて晴れていると気分爽快である。
ただし、頻繁に雲が湧き出しては景色が消えたりもして、もう少し安定していたらいいのになどと思いながら山頂からの景色を楽しんだ。
白樺湖を眼下に見下ろす場所から3カット、体を徐々に振りながら撮影し、これをソフトで合成、パノラマ写真とした。


車山の山頂はニッコウキスゲ、ウスユキソウ、ハクサンフウロ、ミヤマシシウド、ハクサンボウフウなどが咲き乱れていた。
特にウスユキソウはいたるところに咲いていてすばらしかった。
蝶々もいっぱいいてなかなか楽しい散策であった。
前日の金曜日まで雨ばかり、土曜日が本当に一日だけ晴れてくれたのはありがたかった。
久々に高原の空気に触れることができた。


Template by まるぼろらいと