FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2006.04.22 Sat
午前中は天気がよかったし、花の季節でもあるので久々に県立大船植物園に出かけた。
やはり春本番、植物園は気持ちがよい。今の季節はシャクナゲとボタンが特に見ごろだった。これらの写真は、明日にでもアップするとして、それ以外に八重桜とチューリップがいい感じで咲いている。八重桜はソメイヨシノよりも濃いピンク色ではあるが、先週見てきた桃の花よりもずっと淡い微妙な色だ。
大木にたわわに咲く花で太陽の光がさえぎられるほどであるが、見ていると暖かさがじわっーと伝わってくるようで、この木の下にいるのが実に気持ちよかった。




もうひとつ暖かさが伝染してきたのは、芝生の広場に咲いていたピンクダイヤモンドというチューリップとそれと同系色のワスレナグサの絨毯。
これはきれいだ。歩いている人も立ち止まってこのはなの前で撮影していた。
小生はしゃがみこんで撮影。写した写真を見ているだけでも癒される。

ピンク色って春の色だ。暖かさの伝わってくる色だ。


スポンサーサイト



2006.04.22 Sat
昨日の夜が星空だったので、今朝は間違いなく晴れるだろうと思っていた。
実際目が覚めると東の空に月と星がきれいに出ている。地平線はオレンジ色で雲はほとんどない。
これは快晴だ。と喜び、まだ5時前にもかかわらず家を出て海岸に行った。
これくらい早いと人は本当に少ない。土曜、日曜に海岸で日の出の写真を撮っていると同じように写真を撮っているおっさん(失礼)がいる。
あの人も季節にかかわらず日の出前に来ているのだ、などと感心していたら太陽が昇ってきた。
快晴の空から現れる太陽は出てくるなりまぶしくて見ていられない。
今日はそんなまぶしい太陽が久々に現れた。
時刻は5時10分になろうとしているころだ。
今日は最高の天気だ。家で過ごすのはもったいない。




太陽がまぶしいので西の方向、つまり富士山を撮ろうと、場所を移動した。
いつも撮影しているところまで行って富士山を眺めていると少し後ろで人の気配がするので振り返ると、にょっきりと三脚が出てきた。そしてその後にさっきのおっさんの頭が出てきた。
やや、あのおっさんも同じような行動だな、と少し嫌になって富士山を数枚撮影して家に戻って来てしまった。

今日の西の空は東とは違ってやや霞んでいた。
もしかすると黄砂がやってくるかもしれない。


Template by まるぼろらいと