FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2006.04.15 Sat
今週は仕事が忙しいことと天気が悪かったという二重苦でブログの更新をすることがほとんどできなかった。
今日は、気温が低く、寒かったが比較的天気がよかったので、毎年この季節になると行く、山梨の一宮に出かけた。
もちろん桃の花見だ。いつからのことか分からないが、一宮町も笛吹市という市に変わっている。でもそんなことは関係ない。この季節の甲府盆地は本当にピンク色に染まる。美しい。
今年は少し満開はまだ満開ではないのではないかとの情報もあったが、行ってみると例年のように美しかった。
車を走らせていると右を見ても左を見ても桃、桃、桃だ。
桜よりも濃いピンク色が曇り空には引き立つ。


桃の花はこんなに咲き誇ったあと、桜のように散って終わりではなく、人の手によって受粉され、実をつけ、夏にはあの美味しいフルーツになるわけだ。
見てよし、食べてよしの植物といえる。
でもあの桃の匂いは花にはない。
花にあの桃の匂いがあったらどうだろうか。


スポンサーサイト



Template by まるぼろらいと