FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2006.03.18 Sat
一昨日、昨日は台風のような風が吹き、通勤電車のダイヤが乱れたり歩いていると赤い石油のポリタンクが飛んできたりと、ひどい日が続いた。
ところが今朝は違った。
本当に久々に日の出の海岸散歩を楽しんだ。
雲もない快晴の空と静かな海だった。
静かにゆっくりとの登ってくる太陽はいつ見ても感動する。
しばらく海岸に行かなかったが太陽の位置はずいぶんと移動していることに気づく。
すでに江ノ島よりもずっと左側(北より)に現れた。江ノ島の真上に太陽が出たのは確か2月11日だったので一ヶ月少しで大きく移動した。
頻繁に行っているとこんなことでも少し興奮する。




レンズを少し広角側にして快晴の空も入れると、飛行機からの白い軌跡が太陽の光に当たってきれいだ。
あんなに高いところを飛んでいるのだから羽田ではなく成田に行くのだろうか。
実に静かな日の出であった。
しかし、実は足元を見ると嵐の際に海岸に打ち上げられたさまざまなゴミがあった。
特に目立ったのは紙の皿やコップ、焼肉のたれやポン酢の空き瓶やそれらの蓋。
想像すると、砂浜でバーべキューをやって騒いで変える際にゴミを海岸に置いていったか故意に捨てていった連中が大勢いるということだろう。
美しく静かな日の出を見ている足元がそんな状態だからなんともいえない悲しさも覚える。


スポンサーサイト



Template by まるぼろらいと