FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2006.01.21 Sat
wakaさんの記事を見ていつもの海とまったく違うということが分かり好奇心が湧いた。
それにしてもこの雪の中、海に行くとは大変な酔狂物(おっと失礼!)だとも思ったが好奇心のほうが勝ってついつい行ってみた。
誰もいるわけがないと思ったが、そんなことはない。
親子で雪だるまを作ったり、釣りをしている人などいるではないか。
さすがにサーファーは全くいなかったが。

夏場人とビーチパラソルで埋まる海水浴場で写真を一枚撮った。
冬の日本海のような暴風雪の荒れ狂う海とはまるで違い池のようだ。
しかし、砂浜は一面真っ白。
雪は降り続き、視界は悪い。
江ノ島でさえ全く見えない。



真っ白な砂浜を歩いているとどきどき足首が隠れるほど雪に埋もれるところがあるが、砂よりも歩きやすい。
不思議な感触である。

漁港は船が停泊して誰も人はいない。
遊歩道でさえ人が見えない。
寂しい海だった。

まあ、めったにお目にかかれない雪だから楽しんでしまったというべきだろう。
まるで子供だな。




スポンサーサイト



2006.01.21 Sat
雪だ。
気温0.5度。
いつもなら海岸散歩となるところだが、今日は外の景色を見てすぐにストーブをつけて読みかけの雑誌などを読んでしまった。

それにしても久しぶりの積雪だ。

お休みだから雪を見ながら家にいるのも何となく嬉しい。

窓を開けてレンズ越しに見えるローズマリーを撮影した。
こんなに積もってます。

豪雪地帯の方、ごめんなさい。
この程度の積雪でびっくりして喜んでいるのです。


Template by まるぼろらいと