FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2005.12.31 Sat
12月はいつになく寒かった。
気象庁の長期予報は見事にはずれ、厳しい寒さが続いた。
ところがである。
富士山の雪が少ない。
このことは数日前に新聞やニュースでもやっていた。

東京近辺はほとんど雨が降らず、毎日真っ青な空、つまり快晴であった。
そのような天気は富士山にとっても同様なのだそうで、低気圧が南を通らないので雨や雪が降らないそうだ。

今朝の富士山も相変わらず雪のあまりない姿であった。


小生の写真を探してみると、去年、つまり2004年の12月30日に海岸で撮影した富士山の写真があった。
年末から年始にかけてはこのような真っ白な富士山が普通なのである。

どうしちゃったの富士山。


スポンサーサイト



2005.12.31 Sat
今年も今日が最後となった。
齢をとると一年が早く感じる。小生の中では、最近の一年の速度は恐ろしく速い。

今朝も神奈川県の海岸沿いは晴れ。
少し風があったが気持のいい日の出を見ることができた。
今年はこの海からの日の出を見たのは何回目であろうか。
休日の朝の散歩がすっかりと習慣になった。
この日の出を見ることで体調が良くなるような気がする。
太陽から新鮮なエネルギーをもらっているような気がする。




大晦日の一日は例年家の掃除や買い物で過ごす小生であるが、遊びに行ったり趣味の世界に没頭する人も多いのであろうか。
漁港から釣り船がどんどんと沖へ出て行く。
まさか正月用の魚を今日釣りに行ったわけではないだろう。

明日も同様に釣り船は出るのであろうか。




Template by まるぼろらいと