FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2005.11.04 Fri
藪山を歩くと枯れた落ち葉の茶色い色と弱い太陽の光が混ざり合い、茶色というよりも黄金色になる。そんな中でムラサキシキブの紫色の実が美しく見えることがある。
ムラサキシキブというのは花は地味で目立たないが、花が終わった山の中では実の美しさで目立ってしまう。
実がなると売れるらしく、この季節花屋でも売っている。
まさに晩秋の色だ。


スポンサーサイト



Template by まるぼろらいと