FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2005.07.18 Mon
日の出前から始まった浜降祭、7時ごろにはすべての神輿が集結した。
神輿も三十基以上もが連なると壮観である。
このあと神事があり、それぞれの神輿が、それぞれの神社に帰っていく。遠くにある神社は帰りは神輿をトラックに載せて帰るようである。

これで祭りは終わりか、と言うとそんなことはない。

帰ってからはまた、神社のある町内を掛け声と鳴り物で練り歩く。


どこからとも知れず止むことがない喚声に正直言ってもういいだろうと思うこともある。
でもこの町に住んでいる以上、この祭りには苦情は言えない。

それにしても狭い民家の路地を通り過ぎるのであるから、この祭りの日だけは県外から茅ヶ崎に車ではいるのはやめたほうがいい。
とんだ足止めを食らうだろう。


スポンサーサイト



2005.07.18 Mon
茅ヶ崎に住んでいたら誰でも知っている茅ヶ崎最大のイベント浜降祭が今日行なわれた。茅ヶ崎中の神社の神輿が小生の住む近辺の浜辺で禊をし、神事に望む。
茅ヶ崎に住むWAKAさんも当然のように行かれたらしい。
[関連したBlog]
その神輿が浜辺に集結するのが夜明けごろから朝の7時までだ。したがって小生の家の周りは朝の3時ごろから神輿を担ぐ人の声や鳴り物で寝ることができなくなるのである。
5時前から浜辺に行くともうすごい人が集まっている。
そんな中を次々と神輿が集まってくる。


最も盛り上がるのは神輿の担ぎ手が海に入るときだ。今年は上品だったのかあまり遠くまで入らなかったが、去年などは担ぎ手の胸の辺りまで水に浸かっていた神輿もあった。


担ぎ終わった人たちの中には酔っ払ってへろへろになっているのに半被を脱いでふんどしになって波をかぶる人もいた。
祭りならではの雰囲気だ。


そして今年は外人が多く見に来ていた。
これはどういうわけだろうか。
外国人の中には浴衣を着て波に濡れて大喜びしている人もいた。
こうして暑い暑いお祭りは最高潮になる。

この日を待っていたかのように今日は青空だ。
梅雨が明けたのかもしれない。

朝の9時というのに眠くなってきた。


Template by まるぼろらいと