未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.06.30 Thu
西日本では空梅雨で水不足が深刻化しているようだ。
夏の暑いときに水を使うことを制限されるのはつらい。
ニュースを見ていると、このような水不足で水を大切に使おうとしているときにでもさほど気に留めずに使う自己中心の人も多そうだ。
水を大切に使ってくださいという宣伝カーを横目に洗車している人の映像があったが、あのような人はきっと電力不足でもお構いなしにエアコンをつけるし、ゴミの分別はしないし、・・・と思ってしまう。
自身でできることで協力できない人が多くなってしまった。

スポンサーサイト
2005.06.29 Wed
昨日のとんでもない暑さから今日は開放された。しかし、しっかりとした雨だった。風がなくまっすぐに落ちる雨が音を立てる。今日のような雨がまさに梅雨の雨といった感じだ。
数日間の猛暑で少しなえていたアジサイが元気を取り戻したようだ。よく見るとピンクと青が混ざっている。アジサイは土壌によって青になったりピンクになったりと言うが、どこまで本当のことなのだろうか。青とピンクのアジサイが同じ庭に咲いているのをよく見るし、写真のように青とピンクが混じったものもあればこれはどういうことか。


2005.06.28 Tue
東北や北陸に大雨が降り出したのと連動するかのように関東では真夏がやってきた。
昨日も今日も連日の真夏日、そして今朝は最低気温が28℃もある熱帯夜だ。寝苦しい。
そんな厳しい暑さの始まりは、ここ一週間ほどの曇り空とは違って雲の合間から青空も見えてきれいだった。やはり灰色の空ではつまらない。
白い雲と青い空が見えれば寝苦しい夜から目覚めた重たい体も覚めてくる。


2005.06.26 Sun
特に好きでもなんでもないし、興味も湧かない花、アマリリス。
ユリ科の花と思っていたら、実はヒガンバナ科の花らしい。
でかい花だが、繊細な感じがなくて大味だ。
カメラを向けてみるとファインダーいっぱいに花が見えた。
少し引けば花全体が撮れたはずだが、どうでもいいやと思ってそのまま写した。
するとこんなに顔でかになった。


2005.06.26 Sun
手入れのなされていない庭や空き地にどこから湧き出すのかネジバナが咲き出した。
まあ、誰もが雑草と思うのであるが、よくよく見るとピンクの花がらせん状に上下に伸び、その花の一つ一つがきれいだ。雑草であるが間違いなくラン科の花だ。
ランの気位を持っているようで、この花を鉢植えにして育てようとしても失敗する。そう簡単には育ちませんよと他のランと同じような誇りがあるのか。


2005.06.24 Fri
この数日、仕事が忙しくBlog投稿をする力がなかった。雨も降っていたので話題もなかった。
ところが今日は天気が回復し、おまけに湿度と気温が上昇し、夏がやってきた。そんな夏の日差しを浴びて元気に花を咲かせているのがランタナだ。
このランタナという植物の花は色が様々とあってしかもきれいなので、花壇などに植えると美しく見えると思える。おまけに安価なので簡単に買ってしまえる。そして小さな株を植えるとその後はびっくりしてしまう。
繁殖力旺盛で、大きな幹ができ、花は秋まで咲き続けますます大きくなる。
これは雑草の生命力だ。
かわいらしいと言って油断してはならない。


2005.06.21 Tue
梅雨の最中に一年で最も昼間が長い一日がやってくる。
小生の記憶では、夏至が大雨だったことはあまり記憶にないが、かと言って青空の晴天でもない。
今日はそんなどんより天気であった。
日の出から30分近く経った5時少し前にほんの数分間太陽が出たがぼんやりであった。
こんな天気がいつまで続くのか。
青空が恋しい。


2005.06.20 Mon
入梅してから雨が続いたのはほんの数日で、それ以外は曇り空が多い。青空を望むことはできないが雨も降らないといった天気が続いている。
花はやはりアジサイがピークを迎えきれいだ。そんな中でどこのお宅の庭をのぞいてもあるのがマリーゴールド。
色がきれいで、次々と花を咲かせ、育てやすい。おまけに園芸店などで一株百円前後のお買い得品とくれば、どこでも多く咲かせようと思うものらしい。
遠くから見ても目に付くが、近づくと以外に色使いが花によってさまざまで面白い。


2005.06.19 Sun
小生の住む町は海岸沿いということもあってか夏が似合う。
朝早くからサーフボードを自転車に載せて海岸に向かうサーファーやアロハシャツで歩いているおっさんをこの季節になるとよく見かける。
そうなってくると南国の雰囲気になり何となくゆっくりと休みたい気分にもなる。
南国の雰囲気はそれだけでなく、熱帯の花も咲くからかもしれない。
ビーゲンビレア、とてもいい雰囲気にさせる花だ。赤い部分は花を取り囲む葉っぱでその中の白いラッパ状のものが花だ。
夏の太陽と青空が出ればさらにこの花も冴えてくる。


2005.06.18 Sat
小生の息子が小学校ではアサガオを、自宅ではヒマワリを育てている。
このヒマワリ、小さな植木鉢に種まきをしてから芽を出し、大きくなってきたが、息子に言わせると植え替えなどしないという。そうだとするとアサガオよりもずっと小さな鉢でヒマワリが育つことになる。
おまけに外にも出さずに室内で育てているのである。
ヒマワリはさんさんと降り注ぐ太陽の光を浴びてこそヒマワリだ。そのような今までの小生の感覚からはまったく違う。
果たしてヒマワリが本当に咲くのであろうか。と思っていたら、今日咲いた。
高さわずか20cmほどで、花の大きさは直径10cmもない。でもヒマワリだ。
最近の技術はここまでヒマワリを変えてしまうことができるのか。
驚くが、部屋の中で育ったヒマワリもかわいいものだ。


Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。