FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2005.05.08 Sun
この季節、休日に何もすることがないのではもったいない。
ということで、県立の植物園に行った。我が家から12km程度の場所だ。
植物園というところは年中何かしら花が咲いているのであるが、やはりこの季節が最も種類も多い。
そんな中で珍しい花があったので、今日と明日にそれぞれ一種ずつ写真を掲載しようと思う。
まずは、ハンカチの木、木にぶら下がったハンカチが風に揺られているように見える不思議な花で、どこでもありそうであまりないらしい。盛りは過ぎていたが、多くの人が写真を撮っていた。


スポンサーサイト



2005.05.08 Sun
昨日が美しい星空だったから今朝は快晴だろうと思い目を覚ますと、予想通りの晴れた空だ。東の空が赤くなり始めていたので、カメラを持って海岸へ行った。それにしてもこの季節は日の出が5時前だから海岸へ行っても人が少ない。
太陽が昇ってきた頃から1人の釣り人が、砂浜から海へ小さな船を出そうとしていた。
手漕ぎで少し進めてからエンジンをかけ始めた。遠くを見ると富士山と箱根の山並みが美しい。波の音だけの世界からエンジンの音がしてきた。
なんとも静かで穏やかな朝だ。

意外なことにこの静かな海岸から電車の音が聞こえた。東海道線までは直線でも1km以上あるはずだが、聞こえるのだ。


この静かな海岸を散歩しながら富士山を見てみると、しばらく見ないうちにずいぶん雪が減っていることが分かった。
真冬の真っ白な冨士と真夏の黒い富士とのまさに中間の状態だ。
あんなに白かった冨士の雪もかなり解けてきたようだ。
もう初夏だ。小生は一年で一番この季節が好きだ。


Template by まるぼろらいと