FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2005.05.02 Mon
一昨日にマメザクラの写真を載せたが、昨日登った丹沢の鍋割山近辺にあちこちで見られた。大山よりもむしろ見ごろと思われる。
この桜は平地で見たことがないが、山ではよく咲いている。
しかし、富士山周辺の山でしか見られないと言われると、特に珍しい形や色をしていなくても見られたことがうれしくなってしまう。


色がツツジのような派手な色でないので、自然の中に溶け込んでいるようで、なんとなく落ち着く感じがする。
そう考えると桜の色というのは実に微妙で、決して目立つことがなく、しかも周りの風景に溶け込みながら美しい色を出している。山でも街でもそのことは共通している。


スポンサーサイト



Template by まるぼろらいと