FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2005.04.12 Tue
鹿児島の防空壕跡で中学生が一酸化中毒死をした事件。国や学校ではこのような地下壕を調査して埋める対応をするようである。
それはそれでいいのであるが、なんとなく処置の仕方が違うように思う。
小生の子供のころは結構防空壕跡があって、そこに探検と称して入り込んだ記憶がある。もちろん学校では入っちゃだめと言っていた。
でも子供にはたまらない魅力があったのである。
今回の事件との違い、それは、そんな地下壕で焚き火など火を使う遊びを絶対しなかった。どうなるか分かっていた。
小学校の理科の授業で実験をしていたからと思う。
最近の子供たち、実験嫌い、理科嫌い。技術立国を目指す国の方針にとって由々しきことといっている場合じゃないだろう。
こんな遊びでも理科の実験の応用ができないではないか。
と小生は曲がった見方をしている。

スポンサーサイト



Template by まるぼろらいと