未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.04.30 Sat
神奈川県には箱根と丹沢という山塊が西から北に壁のように立っている。
その丹沢の東はずれに近いところにピラミッド型のすぐにそれと分かる山が聳えている。その山こそ大山だ。
今日、子供をつれて大山に登ってきた。ケーブルカーで途中まで行くと、そこから山頂まで1時間半程度の山道だ。本当ならば神奈川を一望できる絶景があるのだが、今日は春霞で何も見えなかった。そんな中、登山道ではスミレがいっぱい咲き、マムシグサなどが多く見られた。そしてやや終わりかけているもののきれいだったのがマメザクラである。
花は小さく、色は濃いピンク色で、富士山の見える周辺の山にだけ咲くらしく、別名フジザクラともいう。
新緑の緑の中でひときわ目立つ存在であった。


スポンサーサイト
2005.04.29 Fri
今日は夏日になり小生もポロシャツで一日を過ごした。
つい一月前には桜が開花したと喜んでいたのに、いつの間にかいろいろな花が咲き始めた。
小生の好きな花であるツツジもあちこちで満開だ。
そしてこのツツジの仲間で、大きな木になって咲いているのがシャクナゲだ。
ツツジと違って花がかたまって咲くが、一つ一つは間違いなくツツジの花だ。大きくて豪華なツツジで小生は大好きだ。
今が見ごろのようである。


2005.04.29 Fri
しばらく調子が悪くてPCをつなぐこともしなかった。
元気に回復したらもうゴールデンウィークの休みだ。
初日の今日は夏のようだ。小生の住む茅ヶ崎という町は少し暑くなるとすぐに半袖のシャツで町を歩くようになる。
今日は海岸で湘南祭という祭りがあるため海水浴にでも行くようなスタイルで皆海岸に向かっている。
風が強いので、回復したばかりの小生は行く気が起こらない。
植木鉢に入れて育てているパインセラニウムが突如花を咲かせた。
初夏を感じるこの花の写真を撮ったのでアップする。


2005.04.24 Sun
昨日の朝、順調に動いていた小生のPCが、午後起動するとウソのように動作が遅くなりシャットダウンもできない。強制終了させて再度立ち上げても決して元には戻らない。あせってメーカーのサポートサービスに電話したが混雑して全然つながらない。あきらめて今朝の5時前に電話してみてもつながらない。どうしたものかと悩んでいたが、とりあえず散歩に出かけ、帰ってきてから朝刊を見ていると一面に意外なニュース。ウイルスバスターの障害の話が出ている。何だろうと読んでいくうちに現在の自分の状況にそっくりだ。これか!と合点がいき、もう一台持っているモバイルノートでメーカーの対処方法を読んでその通りに処置して起動すると、昨日の朝と同じ快適に動くではないか。
治ったと同時に、やや腹立ちもあり、ネットに繋ぐ気になれなかった。
ウイルスにやられないように常に自動更新させているのが裏目となりこんなことに。
小生と同じようにあせった方は非常に多かったのではないだろうか。

今朝の日の出の頃の海は穏やかで、久々にぼんやりながら富士山も姿を現した。
気持ちを落ち着かせるのに散歩は有効だ。


2005.04.21 Thu
会社からの帰宅時のこと。東海道線に人身事故が起こったという。
乗っていた電車はストップ。
かなりの事故だったようで、1時間40分も電車の中に閉じ込められた。
こんなぐったり繰るような状況になると、いろいろなことが起こる。
喧嘩だ。きっと些細なことだろうが込み合った中で怒鳴り声がする。見るといい年をした中年の二人だ。血の気の多い若者じゃないところが悲しい。
そんな若者はというと電車の座席でもないところにしゃがみこんでゲームや形態に夢中だ。どうして平気でしゃがみこめるのだろうか。スーツを着た小生などにはできないことだ。しばらくするとオバサンが携帯電話で誰かと口げんかをし始め、八つ当たりのように駅員に一帯いつ発車するのかとくってかかる。
そんな雰囲気の中でたったまま1時間40分、ああ、疲れました。

2005.04.20 Wed
今日はほぼ一日中弱い雨が降り続いた。春雨である。
鬱陶しい雨であったので、先日写真に撮っていた花をアップする。
ムスカリである。このはなも春に咲く定番の花だ。
少しきれいにしている花壇だと、パンジーなどを植えているよりもむしろチューリップとアクセントにムスカリというパターンが多い。
こんな花でもユリ科の花だから以外だ。
ところでムスカリの青の色はデジカメのモニターでは再現しづらいらしい。目の前のムスカリが液晶ディスプレイでは全く違った色になっている。
青から紫にかけての色はどうやら液晶ディスプレイでは同じ色に再現させることは至難の業なのか。
この写真も撮影したときの記憶を頼りに少し色を補正してみた。


2005.04.18 Mon
春になると雑草と言われている気の毒な草花も元気よく生えてくる。
空き地や道端などに生えていていつでも人に踏みつけられ、それでも生命力がたくましいのであるが、近寄ってみるときれいな花を咲かせていたり、特徴のある形をしているものが多い。
雑草をよくよく見るのはデジカメを持つようになってからだ。そういう意味ではデジカメを持つと様々なものをじっくりと観察するようになった。
ヒメオドリコソウ、この花も雑草と呼ばれている仲間なのであろうか。
デジカメで近寄ってみるとそれなりにかわいい花だ。


2005.04.17 Sun
天気はいいが何となくぼんやりとしていて遠くはすっきりと見えない。
このような状態が春霞なのか。
2週間ぶりに海に散歩に出かけると、江ノ島などほとんど見えない。烏帽子岩も冴えない。昇ってくる太陽は大きくまん丸としているが眩しくない。
そういえば、最近富士山も見えなくなった。
花粉や黄砂などが影響しているのか、何となく写真を撮るような景色にならない。
そんな中でのワンショット。


2005.04.16 Sat
例年のことであるが、この季節になると家族で山梨県の勝沼から一宮周辺に桃の花を見に行く。
日本一の桃の産地と言われている一宮町あたりは本当にそこらじゅう桃の花が咲き乱れて大変美しい。
特に花見をするための有名な場所があるというわけではないが、そこらじゅう春の日差しを浴びながらのんびりと散策するだけで普段の疲れを癒してくれる。
一度は訪れることをお奨めする。


桃の花は桜とほぼ同じか少し後に咲き始め、桜が散った後でもまだ十分楽しめるようだ。桜が淡いピンクであるのに対して桃は濃いピンクの花で、しかも満開になってからさらに色が濃くなるようだ。
少し小高い丘に行くと、甲府盆地がピンク色のじゅうたんに染まったようですばらしい。
今日は残念ながらやや雲が多かったのであるが、晴れるとピンク色のじゅうたんに青い空、そして雪をたっぷり被った南アルプスの3000mの山並みが連なり絶景となる。


2005.04.15 Fri
三菱ふそうの再リコールの話をニュースで知った。
改めてあきれた会社であることを知るわけだが、それにしても驚いた。
小生は車がリコールの対象になるのは、何らかの欠陥が分かったためそこを修理や改良をするためのものと思っていたから、その前提には、欠陥の解析ができて、その対応策がとられているものだと勝手に思っていた。ところが実はそんなことはなく、原因が解明されてもいないのにリコールを届け、修理し、その後にそれが原因で事故を起こすとは驚いた。
これは三菱ふそうだけのことなのか、自動車業界では当たり前なのか考え込んでしまう。
自分の車がリコール対象になっていたらどうすればいいのであろうか。

Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。