FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2005.03.04 Fri
今日は小生の通勤時間帯の頃から既に雪が降り始め、午前中はずっと降り続いた。
そのため、町はすっかりと雪化粧して白くなってしまった。
関東地方でも南部では積もる雪は一年に一度あるかないかの貴重な日である。
雪国に暮らしていないと雪も積もるほど降るとそれだけで何となく嬉しいような楽しいようなワクワクした感覚になる。童心にかえるのである。
会社での昼食時はいい歳したおじさんたちが、自分のうちの近くはどうだったとか、どこからどこの駅では徐行していたとか、雪の状態を自慢げに話し合う。

中年のおじさんたちをもワクワクさせた雪も、午後には上がり、せっかく積もったのに午後にはほとんどなくなった。

はかない出来事であった。

スポンサーサイト



Template by まるぼろらいと