FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2005.02.18 Fri
今日は「嫌煙運動の日」なのだそうである。
1978年にこの運動が始まった。その頃に比べると今は愛煙家にとっては極端に住みにくい国になったことであろう。
小生は、全く吸わない。と言うのも小生の子供の頃父親は缶ピースを一日一缶のペースで吸っていた。そのためかすっかりと煙が嫌いになり吸う気も起こらない。
今日帰りの電車で不快な思いをした。
駅で電車を待っていると喫煙エリアでもないのに吸っている頭の悪そうな若者がいた。この若者、電車が来て扉が開くと思いっきりタバコの煙を吸い込んでタバコを線路に捨てて混雑した電車に乗り込んだ。電車に入ってから息を吐き出したため煙が車内に漂った。こんな非常識男はさすがに久々に見たわけだが、こんな不届きものがいるためにマナーのよい愛煙家までが迫害される。
嫌煙運動が市民権を得る。
小生は嫌煙などという言葉は嫌いである。
だから愛煙家にはタバコ嫌いの人に煙をかけないで欲しい。そうすると平和である。

スポンサーサイト



Template by まるぼろらいと