FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2005.02.12 Sat
少し前に、神奈川県の富士山のビュースポットということで丹沢の塔ノ岳(1490m)の山頂からの富士山を選んだのであるが、今朝改めてすばらしい富士山を見ることができた。まだ太陽が顔を出さないときに富士山の山頂がピンク色に光る。この瞬間が美しい。そして富士山がやはり日本で最も高い場所であることを知る。
右側に白い山並みが続く。南アルプスである。
やはりいくら見ていても飽きない山、それが富士山だ。


スポンサーサイト



2005.02.12 Sat
3連休の天気予報はよい。久々に丹沢で一泊して景色でも見てくるかと思い立ち、昨日の昼頃から登り始めた。登り口で小雪が舞い、予報と違うじゃないと思いながらも歩き始めた。1時間ほど歩くとザックや頭の上に雪が積もってびっくり、さらに登って稜線に出ると雪の多さにまたまたびっくりした。
天気は一向に良くならず、むしろ降る雪の量がますます多くなってきた。
休みというのに人とほとんど出会わない。
それでもブナの林など結構美しい。
そして木の枝に雪が積もっていく様子がまたまた美しい。
天気が悪く展望がないけれどいいじゃない、と喜ぶ。
寒いのが暖かな海岸住まいの小生には辛い。
気が付くと髪の毛がぱりぱりに凍っていた。それを知ってますます寒さを感じた。


小屋のある塔ノ岳付近に近づくと木の枝が見事に凍っているところがあり、しばしじっと見とれてしまった。
それにしても普段見慣れない景色が、車で1時間ほど行ったところから2時間ほど歩けば見ることができることが不思議だ。

歩き始めて3時間ほどで小屋に到着、途中秦野にあるスーパーで買った刺身としゃぶしゃぶセットと日本酒で一日の疲れを癒した。
うまかった。


Template by まるぼろらいと