FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2005.02.06 Sun
二週間ほど前の新聞に菜の花畑の周りでお弁当を囲んだ家族連れの写真があった。もう菜の花なのかと驚き、いったいどこだろうと記事を読むと、神奈川県ではないか。
またまた驚いた。神奈川県の二宮町というところに吾妻山公園という小高い公園があり、展望の広場では相模湾、富士山、箱根の山などが見事に見える美しい公園である。この公園がまさに菜の花畑の記事になっていた場所だ。
気になっていたが、今日は家族で行ってみた。やや薄い雲がかかり、遠景はくっきりと見えるということもなかったが、確かに菜の花畑は見事に咲いており、眼下の相模湾と真鶴半島、箱根の山並みが見えて大いに満足した。


それにしても菜の花畑というのは梅などと違い、いっそう春を感じさせる花だ。あたりが黄色に染まり、見ていても暖かく感じる。
二宮は長寿の町と自称しているが、実際にこんなに暖かな春の訪れが早い場所だと長生きするかもしれない。
家族で弁当を食べながら、菜の花と展望を楽しんだ。

二宮町は東海道線で茅ヶ崎から小田原方向に三つ目の駅で、この吾妻山公園は駅から20分ほどの上り坂を登ったところにある。
春を感じたいのならお奨めの場所だ。


スポンサーサイト



2005.02.06 Sun
今朝は風がなかったためか、波がほとんどない静かな海だった。日の出前の海は大きな池のようで、南の空にはもう数日で新月になろうかという細い月が浮かんでいて静けさを強調しているようだった。
こんな弱々しい波ではサーファーは波乗りもできずボードに寝そべって浮かんでいるしかないだろう。
西の空は霞んでいて、富士山はぼんやりとしか見えない。箱根の山でさえ、はっきりとしない。




しかしながら、東の空は珍しくほとんど雲がなく、房総半島まで見えるではないか。
日の出はやはり早くなっており、朝が早くなったことを再確認した。それと同時に日が昇ってくる位置が移動していることにも気づいた。
太陽の位置が江ノ島に近づいている。
毎週のように海に散歩に出かけていると、時間、季節の変化がはっきりと確認できささやかな満足感を得る。


Template by まるぼろらいと