FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2005.01.26 Wed
最近、ニュースを聞いていると、学校や役所や警察などで事故や事件が起こると必ず出てくる言葉として「再発防止に努める」というフレーズがある。
しかし、再び同じようなことが起こり、またまた「再発防止・・・」となる。これはその場しのぎの便利な言葉だ。小生のような一般企業では再発防止に努めるといっただけでは許してもらえず、いつまでにどのような手段を用いて再発防止をするのか、そしてその成果をどのような形で表すかなど常に求められる。
そんなことも言わずに使うと確かに便利な言葉だ。

新明解国語辞典で「善処」という言葉をひくと、政治家の用語としてはさしあたっては何の処置もしないことの表現に用いられる、と書かれている。驚くべきことであるが、本当だろう。これも実に便利な言葉だ。

ニュースを聞いていてつくづく役人や公務員の言葉には中身がないことを感じる。

スポンサーサイト



Template by まるぼろらいと